裁縫師のお仕事


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

裁縫師のお仕事

  • 依頼主 :レドレント・ローズ(ウルダハ:ザル回廊 X14-Y13)
  • 受注条件:裁縫師レベル20~
  • 概要  :裁縫師ギルドのレドレント・ローズは冒険者に仕事を与えたいようだ。

レドレント・ローズ
「Nikuqちゃん、来たわね!
 今日はとってもお勉強になる依頼があるの。
 依頼者はお金持ちの御令息よ。
 普通のお洋服に飽きたみたいで、
 付加価値のある服が欲しいらしいわ。
 ちょっとクセのあるお客様だけど、
 腕をあげてきたあなたなら大丈夫!
 お客様の名前は「ママジャル」、
 「サンシルク」のお店の近くにいるはずよ。
 まずは細かい注文を本人からきいてちょうだい。」
サンシルクのママジャルと話す
ママジャル
「ママジャルはオレだけど、
 お前みたいな貧乏人がオレに何の用だ?
 オレは忙しいんだ、さっさと話せ。
 ・・・・・・ああ、裁縫師ギルドの職人か、
 オレの服を作れることを光栄に思うんだな。
 才能あふれるオレには、剣術の稽古程度にも
 相応の品質の装備が必要なんだ。
 オレに釣り合う「コットンアクトン」をひとつ作れ。
 言っておくが、ただのアクトンではダメだ、
 庶民の装備と一線を画すため「マテリア」をつけて作れ。
 マテリアくらいないと、装備がオレの才能に吊り合わん。
 わかったら「裁縫師ギルド」に戻って
 「レドレント・ローズ」にさっさと作るよう伝えろ。
 オレはお前のような貧乏人と違って
 忙しい身なんだからな。」
裁縫師ギルドのレドレント・ローズと話す
ママジャル
「オレのためにさっさと「コットンアクトン」を作れ!
 「マテリア」がついていないと
 受け取らないからな!」
レドレント・ローズ
「おかえりなさい、
 ママジャルぼっちゃまのご注文は何だった?
 「マテリア」のついた「コットンアクトン」ね。
 ただ単純に人と違ったものが欲しいだけだから
 マテリアの効果は何でもいいみたいね。
 マテリアを使ったことはある?
 もし、マテリアについてわからないことがあったら
 中央ザナラーンに行ってみるといいわ。
 「狼煙の丘」に、とっても詳しい職人が住んでるの。
 彼らに聞けば、マテリアの使い方がわかるはずよ。
 そうそう、マテリア以外の材料にも注意が必要ね。
 ギギマから買えないものもあるから、
 調達がちょっと大変よ。
 旅商区の「マーケット」を利用するのもひとつの手かしら。
 ウルダハ以外で採集された素材も売られているの。
 さあ、あなたの手で付加価値のたっぷりついた
 「コットンアクトン」を作ってらっしゃい。」
レドレント・ローズにマテリア付きのコットンアクトンを渡す
レドレント・ローズ
「どう? 「マテリア」のついた「コットンアクトン」はできた?」
(マテリア付きのコットンアクトンを渡す)
レドレント・ローズ
「早速ママジャルぼっちゃまに着てもらいましょうか。」
ママジャル
「ふむ・・・・・・悪くない出来だな。
 もっとも、才能あふれるオレには修行着程度にしかならんが。
 代金はあとで使用人に届けさせる。
 これはもらっていくぞ。」
レドレント・ローズ
「これであなたのお仕事は完了ね。
 ふふ・・・・・・ちょっと大変だったかしら。
 でもね、裁縫師にとっては
 欠点が大きい依頼者ほどおもしろいお客なのよ。
 彼らの欠点をうまく覆い隠して
 魅力的な紳士に見せるのがお洋服の役目なの。
 あなたの作った服を着たママジャルぼっちゃまは
 すご技を使う剣士に見えたわよ。
 ・・・・・・修行がはかどるといいんだけど。」