大富豪からの指名

大富豪からの指名

  • 依頼主 :ブリサエル(リムサ・ロミンサ:上甲板層 X10-Y14)
  • 受注条件:鍛冶師レベル30~
  • 概要  :鍛冶師ギルドのブリサエルは、冒険者が受けるに相応しい重要な依頼を任せたいようだ。

ブリサエル
「・・・・・・喜んでください、キミをご指名の依頼が舞い込みました。
 気負う必要はありません。
 僕もギルドも、全力で後押ししていきます。
 キミが気に入られれば、ギルドの名も上がりますしね。
 それで・・・・・・仕事の中身なんですがね。
 「コスタ・デル・ソル」を知っていますか?
 東ラノシアの「ブラッドショア」と呼ばれる海岸のあたりです。
 今はウルダハの富豪が住む、居留地になっていますがね。
 その富豪がキミの噂を聞き付けて、
 キミを指名してくださったそうですよ。
 海岸を買い取るほどの富豪とよしみを結ぶなど
 望んでかなうものではありません。
 キミにはきっとビエルゴ神の加護があるのでしょう。
 もしかしたら、ナルザル神の加護も!
 それほど、キミは機会に恵まれています。
 この好機を逃すわけにはいきません。
 詳細は、今回の仲介役を務めてくださる
 「フェーズアール」氏に聞いてください。
 彼こそが、キミを富豪へ紹介してくださったのですよ。」
フェーズアールと話す
フェーズアール
「おう、来てくれたか。
 すまんのう、いつもいつもヌシには世話になる。
 ある程度は話を聞いていると思うが
 「コスタ・デル・ソル」の豪商からのご指名じゃ。
 依頼主は、一流を見る目のある御仁での。
 ヌシは、そのめがねに適ったというわけじゃ。
 胸を張ってよいぞ。
 ただしその分、要求する品質も高くてのう。
 生半可なものでは、納得いただけないどころか、
 ドジを踏めば、リムサ・ロミンサでの仕事は干されるじゃろう。
 ヌシのことは信じておるが、
 くれぐれも気を抜いてくれるなよ。
 では、腹が決まったら、富豪殿の使いに詳しい話を聞くがええ。
 家令を務められる「クスウィブ」殿は、
 鍛冶師ギルドのカウンター前でお待ちだ。」
クスウィブと話す
クスウィブ
「あなた様がNikuq Niuniuですか?
 この度は、かように不躾な依頼を受けていただき、
 まことにありがとうございます。
 フェーズアール様より、お話をいただいてから、
 我が主が、ずいぶんと乗り気になりまして。
 こうして、あなたを訪ねて参った次第でございます。
 当家には、長年仕えてくれた園芸師がおりまして、
 その者に忠勤をねぎらいたい、というのが我が主の意向です。
 そこで、これまでの働きに敬意を表し、
 今後の活躍を期待する思いを込めて、
 新たな、それも最高級品質の道具を贈ることになりました。
 そこであなたに依頼したいのが、
 「チョコボハチェットHQ」の製作でございます。
 言うまでもありませんが、
 我が主は「コスタ・デル・ソル」を所有するほどのお方。
 主が贈るに恥じぬ道具をご用意くださいませ。
 では、よろしくお願いいたします。
 Nikuq Niuniu様。」
クスウィブにチョコボハチェットHQを納品
クスウィブ
「あなたが、どんな「チョコボハチェットHQ」を
 作ってみせてくれるのか、楽しみにしています。」
(チョコボハチェットHQ)を渡す)
クスウィブ
「おお、待っていた甲斐がありました・・・・・・。
 これほど素晴らしい「チョコボハチェットHQ」が届くとは!
 フェーズアール様から、新進気鋭の鍛冶師と
 聞いておりましたが、噂通りの素晴らしい品質です。
 この刃の輝き・・・・・・とても園芸具だとは思えません。
 一部の隙もなく、一切の妥協のない仕上げ・・・・・・
 いやはや感服いたしました。
 使ってしまうのが、もったいないほどでございます。
 ・・・・・・ああ、無論飾ったりなどいたしませんよ?
 園芸具は、使われてこそ華というものです。
 主より感謝の印として庭師へ贈られたならば、
 彼は、この見事なハチェットを駆使して、
 見事な庭を作庭してくれることでしょう。
 では、私めはすぐに屋敷へと戻らせていただきます。
 フェーズアール様にも、よろしくお伝えください。」
フェーズアールに報告
フェーズアール
「うむうむ、完璧な仕事ぶりじゃったようだな!
 さすがはヌシじゃ、信じて任せてよかったワイ。
 クスウィブ殿に、あれだけ言わしめる鍛冶師など、
 リムサ・ロミンサ広しといえど、ヌシの他には
 数えるほどしか、おらんじゃろう。
 ぜひ誇ってほしい。ヌシは一流の鍛冶師じゃ!
 さあ、「ブリサエル」にも、結果を報告してやれ。
 今頃、ヌシを心配しすぎて、胃の痛みが限界だろうから。
 ついでに、伝言も頼みたい。
 決してヌシを粗略に扱うなよ・・・・・・とな。
 ヌシが鍛冶の腕を磨き続けるかぎり、
 ワシはヌシの味方でおるでな。」
ブリサエルに報告
ブリサエル
「キミを粗略に扱うなと、フェーズアール氏が?
 まったく・・・・・・何を言うかと思えば、バカなことを。
 そんなこと、僕がするわけありません。
 キミの実力を誰よりも知っているのは、この僕です。
 つまり、鍛冶師ギルドが、キミの実力を認めているのです。
 キミには、もっともっと働いてもらいますよ。
 そして鍛冶師と、鍛冶師ギルドの希望の星になってください。」