呪術の杖はいかが?

呪術の杖はいかが?

  • 依頼主 :セレンディピティー(ウルダハ:ザル回廊 X10-Y13)
  • 受注条件:彫金師レベル20~
  • 概要  :彫金師ギルドのセレンディピティーは、冒険者に挑戦してほしいことがあるようだ。

セレンディピティー
「Nikuqさん、聞いてくださいっ!
 ネジったらヒドイんですよっ!
 私のとっておきのアップルタルトを勝手に食べちゃったんです!
 そもそも魔法人形に味覚なんてないくせにっ!
 「せれん、食ベル ト 指ガ 太ク ナッテ、
 彫金デキナクナル! 注意!」・・・・・・とか言って。
 もう、失礼しちゃいます! 私そんなに太ってませんっ!
 え、え~と、Nikuqさん・・・・・・!
 彫金の鍛錬は、その後いかがですか?
 どうやらまたひとまわり、成長したようですねっ!
 そろそろ次のステップにいきましょう!
 今回はひとつ「マテリア」付きの装備品に
 挑戦してみてはいかがでしょうかっ!
 マテリアを装着できるのは私たちクラフターだけですから、
 冒険者としても、学んでおいて損はない技術ですよ。
 マテリアを装着する品は「スタッグホーンスタッフ」です。
 あ、そうだ。気をつけてほしいことがひとつあります。
 スタッグホーンスタッフの素材のひとつ
 「アンテロープの角」ですが、
 これは、ウルダハにある店では扱っていません。
 頑張って魔物から入手するか・・・・・・
 または「サファイアアベニュー国際市場」の
 マーケットボードで探すと見つかるかもしれません。
 マテリアにはたくさんの種類がありますが、
 今回は練習ですから、装着するマテリアはなんでも構いません。
 もし、マテリアについてわからないことがあったら
 中央ザナラーンの「狼煙の丘」に行ってみてください。
 そこにマテリアに詳しい職人さんたちが住んでいます。
 それでは「スタッグホーンスタッフ」に
 「マテリア」をひとつ、装着してください。
 お待ちしていますねっ!」
セレンディピティーにマテリア付きのスタッグホーンスタッフを渡す
セレンディピティー
「Nikuqさん、どうですか?
 「スタッグホーンスタッフ」に、
 「マテリア」を装着できましたか?」
(スタッグホーンスタッフを渡す)
魔法人形ネジ
「・・・・・・ネジ・・・・・・ネジジジジ・・・・・・
 ま まてりあ!
 まてりあ ツケル ノ チョット まてりあ!
 ・・・・・・何ジャコリャッ 結構イイジャネェカ!
 頭蓋骨 叩キ割ッテ 脳ミソ ニ
 まてりあ 嵌メコンダロカ!? コンガキャー!」
セレンディピティー
「ちょっとネジ、暴言吐きすぎっ!
 き、気を悪くしないでくださいねっ!
 これでも褒めてるんですよ!?
 マテリアを、きちんと付けられたようですね。
 そして、スタッグホーンスタッフ自体も、
 素晴らしい仕上がりですっ!
 呪術とは、葬送の儀式から発達した魔法体系です。
 ですから、呪術士たちは死を連想させる
 角や骨を古くから魔器として利用してきました。
 特に齢を重ねた獣の角は、戦いで幾たびも返血を浴びることで、
 魔力的な力を帯びると言われています。
 ですから、この「アンテロープの角」で作られた杖も、
 呪術士が用いる魔器として、
 十分な力を秘めているといえるでしょう。
 素材や「マテリア」が持つ、目に見えない力・・・・・・。
 そういったものを引き出してこそ、
 真に心を打つ名品を生み出せるのかもしれませんね。」