銅は熱いうちに打て

銅は熱いうちに打て

  • 依頼主 :セレンディピティー(ウルダハ:ザル回廊 X10-Y13)
  • 受注条件:彫金師レベル1~
  • 概要  :彫金師ギルドへの入門を認められた冒険者。受け取ったウェザードチェーサーハンマーを装備して、セレンディピティーに声をかけよう。

セレンディピティー
「ハンマーを装備できましたね。
 わぁ、とってもお似合いですよ!
 では早速、彫金の初歩の初歩、
 「カッパーインゴット」作りに挑戦してみましょうか。
 カッパーインゴットを作るのに必要なものは二つあります。
 素材となる「銅鉱」と加工の力を生み出す「ウィンドシャード」。
 「銅鉱」は、ギルドの受付にいる
 「ユモンド」さんから購入できます。
 「ウィンドシャード」は、先ほど渡しましたよね。
 いよいよ彫金師の課題スタートですっ!
 「カッパーインゴット」をひとつ作って、
 私のところへ持ってきてください!」
セレンディピティーにカッパーインゴットを渡す
セレンディピティー
「Nikuqさんっ! お待ちしてました!
 お願いしていた「カッパーインゴット」できましたかっ?」
(カッパーインゴットを渡す)
セレンディピティー
「ふ~むふむ、これは・・・・・・。」
魔法人形ネジ
「・・・・・・ネジジジジ・・・・・・・・・・・・。
 ジジジ・・・・・・ピー。
 ・・・・・・全然ダメ、サイアク!
 「かっぱー」ダケニ、銅~デモイイ!」
セレンディピティー
「ってコラ、ネジっ!
 「カッパーインゴット」を鑑定するのは、
 マスターである私の役目なのっ!
 あ! ご、ごめんなさい・・・・・・。
 びっくりしましたよね?
 この子は、私のアシスタントを務めている
 「ネジ」っていう魔法人形です。
 魔法人形は、超一流の彫金師が
 錬金術や呪術をはじめとする、様々な知識を
 注ぎ込んで創り上げた魔法のからくり人形です。
 彼らはこのギルドで、
 彫金師たちの良きアシスタントとして活躍しています。
 この「ネジ」は、そんな魔法人形の中でも特に古い個体。
 そして代々、マスターのアシスタントとして
 この彫金師ギルドに受け継がれている存在なんです。」
魔法人形ネジ
「・・・・・・ネジジ!
 ネジ ハ コノぎるどノ、陰ノ支配者ナリ!
 ヒレ伏セ! 不器用ナ愚民ドモ・・・・・・ネジジジジ・・・・・・。」
セレンディピティー
「ちょっと性格に難アリなんですが・・・・・・。
 彼の頭の中には、過去百年のギルドの歴史と、
 彫金技術の全てが詰め込まれています。
 彫金師ギルドの生き字引、ってところですね。
 ・・・・・・生きているかどうかは微妙なラインですが・・・・・・。
 っと、そうそう!
 「カッパーインゴット」の話でしたね!
 忘れてましたっ、ごめんなさいっ!
 というかすごいですよ、Nikuqさん!
 この「カッパーインゴット」とても丁寧に作られていて
 純度、輝きともに素晴らしい出来栄えです!
 初心者なのに、これだけのものを創れるのは、
 なかなか才能があると思いますっ!
 この調子でどんどん彫金に挑戦してみてください。
 ハンマーに慣れた頃、またギルドに顔を見せてくださいね。
 お待ちしていますっ!」
魔法人形ネジ
「・・・・・・ネジジジ・・・・・・
 オトトイ キヤガレッテンダイ、バーロー!」