囚われたウ族

囚われたウ族

  • 依頼主 :ウ・オド・ヌン(南ザナラーン X14-Y29)
  • 受注条件:レベル47~
  • 概要  :忘れられたオアシスのウ・オド・ヌンは、悪い報せを受けとったようだ。

ウ・オド・ヌン
「・・・・・・砂漠にドレイクを狩りに行っていた連中が、
 アマルジャ族に襲われ、数人が誘拐されちまったらしい。
 しかも、かなりの傷を負わされてたって話だ・・・・・・。
 俺は、ここで一族を統率しなくちゃならん。
 下のモンたちも動揺しちまって、冷静な状態じゃねぇからな。
 ・・・・・・そういえば、てめぇは、
 アマルジャ族との戦いにも長けていたな?
 今、奴らと対等に戦える連中は出払っているんだ。
 誘拐された奴らの救出に向かってくれないか!
 怪我をしている奴には、この「ウ族の軟膏」を使ってくれ。
 てめぇしか頼る奴がいねぇんだ、頼んだぜ!」
ウ族の狩人にウ族の軟膏を使う
血に濡れた狩人
「誰だ貴様!!
 くそっ、怪我さえなければ・・・・・・!」
(ウ族の軟膏を使う)
血に濡れた狩人
「族長の使いだったか・・・・・・!
 すまない、助かった!!」
手傷を負った狩人
「アマルジャ族に食われるくらいなら・・・・・・
 死んだほうがマシだ!!
 クソ、こんな怪我くらいっ!」
(ウ族の軟膏を使う)
手傷を負った狩人
「・・・・・・助かった!!
 この礼は、いつか必ず果たすぞ!」
息が上がった狩人
「足が・・・・・・痛いっ!
 誰か、助けて・・・・・・!」
(ウ族の軟膏を使う)
息が上がった狩人
「傷が・・・・・・!
 君、ありがとう! これで逃げだせる!!」
ウ・オド・ヌンに報告
ウ・オド・ヌン
「帰ってきたか!
 囚われていた者たちなら、先ほど皆帰ってきた。
 てめぇのおかげだ、一族を代表して心から礼を言おう!」
  ウ族の軟膏:サンドウォームの油脂などで作られたウ族伝統の傷薬