誠実さは身を助ける

誠実さは身を助ける

  • 依頼主 :アダルベルタ(ウルダハ:ザル回廊 X10-Y14)
  • 受注条件:採掘師レベル35~
  • 概要  :採掘師ギルドのアダルベルタは冒険者に仕事を依頼したいようだ。

アダルベルタ
「聞いたわよ、飛竜黒曜石HQの依頼は片付いたってね。
 ワイド・ガリーがディープ・キャニオンの息子ってことは
 知ってたわ。彼が、あたしを追い落とそうとしていることも。
 でも、それを理由に、ワイド・ガリーを
 ギルドから除名するなんて、できない。
 ギルドは実力主義よ、あたしの時もそうだった。
 だから、あたしよりも優れた採掘師が現れたら、
 ギルドマスターの座を譲る覚悟はあるわ。
 ま、今はその時ではないけどね。
 忙しいギルドを仕切るなんて、まだ無理だもの。
 特に、宝石類の扱いなんて、任せられないわ。
 最近は、再開発による好景気のせいで、
 宝石の原石の需要が増えててねぇ。
 一人でも多くの腕利きに働いてほしいの。
 というわけで、キミにも
 「アメジスト原石HQ」を20個採掘してほしいんだけど・・・・・・
 「採掘場」は、あたしも詳しくないのよ。
 ・・・・・・これに詳しいのが、「ワイド・ガリー」でね。
 いつもどおり、ステージのあたりにいるから、
 なんとか彼から・・・・・・話を聞き出してくれる?」
ワイド・ガリーと話す
ワイド・ガリー
「ギルドマスターの指示とは言え
 先日の件の後に、悪びれもせず顔を出すとは・・・・・・。
 お前は大物なのかバカなのか、わからんな。
 で、「アメジスト原石HQ」だったか?
 確かに、俺は宝石や鉱石の分布は、だいぶ勉強した。
 だがその成果を・・・・・・タダで教えると思うか?
 聞くのもバカなら、答えるほうもバカだろう。
 ・・・・・・だが、特別に教えてやらないこともない。
 なぜなら、どうせお前では「アメジスト原石HQ」を
 採掘できるはずがないからだ。
 場所は黒衣森は中央森林「芽吹の池」付近に
 「アメジスト原石HQ」は静かに眠っている。
 だが、仕事であっても、限度があろう。
 「アメジスト原石HQ」20個と命だ・・・・・・。
 引き替えにできるなら見たいものだ、はっはっは!」
ワイド・ガリーにアメジスト原石HQを納品
ワイド・ガリー
「採掘場は、黒衣森は中央森林「芽吹の池」付近・・・・・・
 「アメジスト原石HQ」を、たった20個とはいえ、
 命と引き替えにはできんはずだ。諦めることだな。」
(アメジスト原石HQを渡す)
ワイド・ガリー
「な、何っ!?
 このアメジスト原石HQを、貴様が採ってきたというのか!?
 バカな、信じられん・・・・・・。
 お前の勇気は底なしだとでもいうのか・・・・・・!?
 ・・・・・・アメジスト原石HQは雷の属性を帯びた宝石だが、
 同時に冷静さ、直感、決断力の象徴としても知られていて、
 冒険者に人気が高い宝石だ。
 どうやら、俺はお前を見誤っていたらしい。
 あたかも、このアメジスト原石HQが象徴するように、
 お前には冷静さと直感、決断力が備わっているようだ。
 一見、無謀を通したように思えるが、違うのだろう?
 お前はできると思ったから掘りに行った、そうだな?
 ふ・・・・・・ふふ・・・・・・大したものだ。
 まさか冒険者風情に、俺が後れを取るなど
 考えもしなかったが・・・・・・間違っていたようだ。
 どうやらお前は、俺にとっては壁になる者らしい。
 俺が採掘師の頂点に立つためには、
 お前を屈服させねばならぬようだ・・・・・・!
 ・・・・・・お前の実力に敬意を表し、
 このアメジスト原石HQは責任をもって、ギルドに納めておこう。
 近いうちに、また勝負をしよう。
 今度こそ俺が上だと、その身に思い知らせてやる。
 楽しみにしておけ。」