嵐呼ぶ流紋のきらめき

嵐呼ぶ流紋のきらめき

  • 依頼主 :アダルベルタ(ウルダハ:ザル回廊 X10-Y14)
  • 受注条件:採掘師レベル30~
  • 概要  :採掘師ギルドのアダルベルタは、冒険者に仕事を頼みたいようだが、頭を悩ませている問題があるようだ。

アダルベルタ
「Nikuq、
 ちょっと仕事について相談したいんだけど・・・・・・いい?
 あのディープ・キャニオンから連絡があってね。
 剣術士ギルドに納品したいものがあるから、
 調達してくれないかって依頼が来てるのよ。
 「飛竜黒曜石HQ」っていうんだけど・・・・・・。
 そう、前に採掘してもらった黒曜石よりも、
 もっと珍しい鉱石なの。
 さすがにあたしでも採掘した経験は数えるほどだし、
 何より現時点でギルドに在庫がまったくなくて・・・・・・
 あらためて掘りに行かないと、ダメなのよね。
 それで、キミにお願いしようかと思ったんだけど・・・・・・
 一人、立候補してきた採掘師がいるの。
 「ワイド・ガリー」っていうんだけど、
 ちょっと彼もワケアリなのよね・・・・・・。
 どっちにしろ、スッキリさせないまま仕事は回せない。
 悪いんだけど「ワイド・ガリー」と話をして、
 どっちが仕事を受けるのか決めてきてくれない?
 「ワイド・ガリー」ならほら、ステージの向こうにいるわ。
 じゃあ任せたからね、上手くやってよね。」
ワイド・ガリーと話す
ワイド・ガリー
「・・・・・・Nikuq Niuniuとは、お前だな?
 ふん、ギルドマスターが目をかけていて、
 かなり腕が立つと聞いたが・・・・・・まさか冒険者だとはな。
 このザナラーンに来てどれだけか知らんが・・・・・・
 お前のような奴に期待を寄せるようでは、
 ギルドマスターも見る目がないな。
 そうではないというのなら、実力で示すがいい。
 口先だけの輩など、俺は信じないことにしているのでな。
 俺たちは、このギルドに集う採掘師だ。
 ならば、ここは採掘師らしく勝負といこうじゃないか。
 どちらが、より素晴らしい注文の品・・・・・・
 「飛竜黒曜石HQ」を掘るかでな。
 しかし今のままでは、お前と俺の間の差は歴然だ。
 なぜなら、俺は「飛竜黒曜石HQ」について、
 いささかながら、知っていることがあるからな。
 このままでは勝敗は明らかだ、平等ではない。
 そんな勝利は、俺も望んではおらぬ。
 そこでだ・・・・・・依頼主である剣術士「フルドガー」から、
 「飛竜黒曜石HQ」について、詳しい話を聞くがいい。
 今は、「剣術士ギルド」にいるはずだ。
 まぁ、たとえ「飛竜黒曜石HQ」に
 詳しくなろうと、俺には勝てんだろうがな。」
ワイド・ガリー
「どうした、フルドガーのところへ行かんのか?
 勝負を放棄する気ではあるまい?」
フルドガーと話す
フルドガー
「やあ、あんたがNikuqだね?
 話はワイド・ガリーさんから聞いてるよ。
 あの人から、公平な勝負がしたいから、
 あんたに依頼について説明してくれって、頼まれてるんだ。
 しかし、あんたも大変だね。
 あのワイド・ガリーさんと、依頼で勝負するだなんて。
 彼は採掘師としては、若くして達人の域にある男だ。
 何せ、父親がディープ・キャニオンさんだからね。
 小さい頃から英才教育を受けてる・・・・・・勝ち目はあるかい?
 もっとも、私は品物が手に入れば、それでいいからね。
 ワイド・ガリーさんとあんた、どっちが勝っても損はない。
 で、依頼についてだっけ・・・・・・そうだな、何から話そう。
 私がなぜ「飛竜黒曜石HQ」を求めているか、がいいかな?
 ・・・・・・私はもともとコロセウムの「剣闘士」なんだが、
 怪我を負い、半ば引退状態だったんだ。
 でも、そろそろ復帰するつもりでね。
 いい機会だから武器を新調しようと思って、
 「コンドルマクアフティル」を作ろうと考えたのさ。
 マクアフティルとは金属の刃を持たない剣なんだが、
 埋め込んだ「飛竜黒曜石HQ」はとても鋭い。
 使い方次第で金属の鎧だって斬り裂くんだ。
 だからさ、復帰戦で負けないように、
 丈夫な「飛竜黒曜石HQ」を15個ほど、私は必要としているんだ。
 「飛竜黒曜石HQ」は、「ザルの祠」の付近で取れるだろう。
 採掘できたら、「ワイド・ガリー」さんに持っていってくれ。
 彼の掘ったものと、その場で見比べてみるんだ。
 あとから、私が優れているほうを受け取りに行くから。」
フルドガー
「やあ、まだ「飛竜黒曜石HQ」を掘りに行ってないのかい?
 ワイド・ガリーさんとの勝負は、もう始まっているんだろう?」
飛竜黒曜石HQを採掘師ギルドのワイド・ガリーに納品
ワイド・ガリー
「どうした、Nikuq Niuniu?
 「飛竜黒曜石HQ」はまだ見つからんのか?
 たった15個でいいというのに・・・・・・フッフフ。」
(飛竜黒曜石HQを渡す)
ワイド・ガリー
「確かに「飛竜黒曜石HQ」・・・・・・!
 だが、こっ・・・・・・これはっ!
 俺が掘ったものよりも、明らかに質がいい・・・・・・!
 この闇竜ダークスケールのごとき深い黒色は、
 石の密度が極めて高い証拠・・・・・・!
 くっ、なぜお前のような奴が、これほどの物を!
 いや、俺に慢心があったというのか・・・・・・?
 ・・・・・・わかった、俺の掘ってきた物は、
 残念ながら質の点では一歩譲ることは認めよう。
 だが仕事には速さも重要だ。
 必要な物を、必要な時、必要な人間に供給する・・・・・・
 常に好きなだけ仕事に時間をかけられるわけではない。
 今回は質の点で劣ったが、速さでは俺が勝っている。
 ・・・・・・引き分けということにしておこう。
 これは断じて負け惜しみではないぞ。
 そして約束しよう、次の機会には必ず俺が勝つ。
 質も、速さも、俺が完勝してみせる。
 フルドガーへは、俺が納品しておく。
 貴様はせいぜい、引き分けた幸運を噛みしめながら、
 ギルドマスターへと報告しておくがいい!」
アダルベルタと話す
アダルベルタ
「採掘師勝負を挑まれた!?
 ワイド・ガリーに!?
 ふぅ・・・・・・いや、悪かったわね。
 そんなことになるなんて、思ってもみなかった。
 ワイド・ガリーは、今の採掘師ギルドでは屈指の腕利きよ。
 その彼に事実上、勝ってしまうなんて・・・・・・。
 その事実こそ、まさに私の予想外だわ。
 そこまでキミが成長していたなんて・・・・・・。
 一人の採掘師としては複雑だけど、
 教える立場の者としては、嬉しくもあるわね。
 教え子の成長に、師は嫉妬するものよ。
 だけど、その未来への嫉妬を乗り越えてこそ、
 師もまた成長する・・・・・・と昔、言われたことを思い出したわ。
 私も・・・・・・そうありたいものね。」