古の黒い刃

古の黒い刃

  • 依頼主 :アダルベルタ(ウルダハ:ザル回廊 X10-Y14)
  • 受注条件:採掘師レベル10~
  • 概要  :採掘師ギルドのアダルベルタは、冒険者に採掘師ギルドの仕事を請け負ってほしいようだ。

アダルベルタ
「最近、キミの働きぶりがギルドでも噂になっててね、
 前途有望だって・・・・・・なかなかの評判だわ。
 あなたは十分頑張ってるかもしれない・・・・・・
 だけど、あたしはもっと期待しちゃう!
 期待してるぶん、すっごく大変な課題を
 出しちゃうかもしれないけど・・・・・・いいわよね?
 というわけで、その期待の新人ギルド員の力を、
 今日はギルドのために使ってもらうわよ。
 採掘師ギルドには、日々たくさんの依頼が来るわ。
 特に多いのが、このギルドホールを貸してくれている
 「アマジナ鉱山社」からのシゴトよ。
 大抵は、自社鉱山で働く人材の募集だけどね。
 時には用途が少なくて日常的には採掘しないような
 鉱物の入手依頼が舞い込むこともあるの。
 実は今も、「黒曜石」という鉱物を
 手に入れてほしいって、鉱山社に頼まれてるのよ。
 ちょうどいい機会だし、キミにお願いするわ。
 黒曜石を99個、よろしくね。
 「二号杭打塔」のあたりで、採れると思うから。」
黒曜石を採掘師ギルドのアダルベルタに納品
アダルベルタ
「頼んだものは「黒曜石」。
 とりあえず99個、持ってきてくれるかしら?
 「二号杭打塔」あたりで採掘してみてね。」
(黒曜石を渡す)
アダルベルタ
「うん、これなら自信を持って依頼主に納品できるわ。
 なんでも、コロセウム財団から直々に、
 鉱山社に発注があったそうなのよ。
 黒曜石は、割ると鋭利な破片になるから、
 古の時代には、刃物として使われていたの。
 刃の強度とか扱いやすさの関係で、
 今でこそ金属製の武器に主流は取って代わられたけどね。
 でもマクアフティルっていう、伝統的な武器を作るには、
 この黒曜石がどうしても必要になるのよ。
 おそらくコロセウムのショーで使うんでしょうね。
 今回のシゴトのように、用途が多くない鉱物でも、
 それを求める人に届けることができれば、
 立派な商売になるってこと。
 需要・・・・・・つまり、どこの誰が
 「それ」を欲しがっているかを把握して掘る・・・・・・
 大事なことだから、覚えておいてね。
 それさえ忘れなければ、そろそろ駆け出しも卒業よ。
 この「モール」の使い方を学ぶべき時が来たようね。
 「モール」は岩を割るために使う「副道具」。
 ピックみたいな「主道具」とあわせて装備すると、
 「砕岩」ができるようになるわ。
 「モール」を持つようになったら、駆け出しは卒業よ。
 これからは、ギルドリーヴの採集稼業や
 グランドカンパニーの仕事にも挑戦して、腕を磨くといいわ。」