死して獣は骨遺す

死して獣は骨遺す

  • 依頼主 :アダルベルタ(ウルダハ:ザル回廊 X10-Y14)
  • 受注条件:採掘師レベル5~
  • 概要  :採掘師ギルドのアダルベルタは、冒険者に新しい試練を課そうとしているようだ。

アダルベルタ
「おっ! 来たわね、Nikuq。
 ちゃーんと、働き続けていたみたいじゃない?
 使い込まれたそのピックを見ればわかるわ。
 その様子なら、次のシゴトを任せられそうね。
 今回のシゴトで覚えてもらうのは「掘らないこと」・・・・・・
 ああ、もちろん休むって意味じゃないからね。
 闇雲に掘るんじゃなくて、
 欲しい物に合わせて、採掘場を選べってことよ。
 そういうコトを学んでほしいの。
 地域ごとに、埋蔵されている資源は違うわ。
 例えばここザナラーンでも、
 西と東では、採れる鉱石はガラリと変わる。
 どの地域で、どんな物が採れるのかという知識が
 駆け出し採掘師と、熟練採掘師の分け目になるのよ。
 その知識を学ぶことが、今回の課題よ。
 今回は「骨片」を50個、採掘してきてくれる?
 この骨片は、
 前に採掘してもらった銅鉱とは、違う場所で採れるものよ。
 ザル大門のほうから出て探したりすると、いいかもね。」
骨片を採掘師ギルドのアダルベルタに納品
アダルベルタ
「今回納品してもらうものは、「骨片」を50個よ。
 どこで採掘できるのか、しっかり探して見つけなさい。
 さ、がんばって!」
(骨片を渡す)
アダルベルタ
「うん、無事に骨片を採掘できたわね。
 どうかしら、目当ての採掘場を見つけるのに苦労した?
 でもね、その経験を重ねたぶんだけ、
 あなたの採掘師としての知識は増したわ。
 次に骨片を探すときには、
 迷わず正しい採掘場を選べるでしょ?
 それが知識を得るってことよ。
 ほかにも、クラフターたちがどんな素材を扱うのか・・・・・・
 その知識を持っておくと、採掘師としての視野が広がるわ。
 たとえば・・・・・・採掘師は鉱物を入手できるでしょう?
 金属製品を扱う「鍛治師」や「甲冑師」と相性がいいの。
 「彫金師」には宝石を納品すると喜ばれるし、
 岩塩や辰砂を求める「錬金術師」とも、関係は深い。
 採掘するときは、そういうことも意識してみて。
 そのためにも、「採集手帳」は上手く使いなさい。
 キミが採掘師としてやっていくための、力になるわ。
 最初は、理解できない部分も多いとは思うけど、
 経験を積んでいくうちに、わかるようになるはずよ。
 そう、何事も経験なの。
 さらに経験を積んで、キミの知識が増したとき、
 次の課題を回してあげるから、また来てちょうだいね。」