赤がね色の宝物

赤がね色の宝物

  • 依頼主 :アダルベルタ(ウルダハ:ザル回廊 X10-Y14)
  • 受注条件:採掘師レベル1~
  • 概要  :採掘師ギルドへの入門を、冒険者は認められた。受け取ったウェザードピックを装備して、アダルベルタに声をかけよう。

アダルベルタ
「うんうん、意外と様になってるじゃない。
 ははっ、似合う似合う、素敵よNikuq。
 じゃあ、さっそく採掘師として
 必要なことを覚えてもらいましょうか。
 ギルドとしても、早く一人前になってもらいたいし、
 現場でのシゴトを通じて、技を学んでもらうよ。
 というわけで、さっそく掘ってみようか。
 この辺りで、初心者にも手頃に採掘できる鉱石・・・・・・
 「銅鉱」を10個、掘ってきてくれる?
 ここザナラーンで銅鉱を見つけることは、さほど難しくないわ。
 ナナモ新門、あるいはナル大門の外に行ってみて。
 あたしが教えるとおりに「採掘場」を探して、
 ここだと思う場所を見つけたら、ピックを振り下ろす!
 採掘ってのは、その繰り返しなの。
 初めは上手くいかなくても当然。
 でも、何度か試すうちに上手く掘れたら、
 その感覚を忘れず、繰り返してコツを掴むのよ。」
銅鉱を採掘師ギルドのアダルベルタに納品
アダルベルタ
「採掘してくるのは「銅鉱」を10個よ。
 ナナモ新門かナル大門を出たあたりに、採掘場があるはず。
 頑張ってきなさい。」
(銅鉱を渡す)
アダルベルタ
「うん、確かに「銅鉱」だわ、間違いない。
 やるじゃない・・・・・・素直に褒めておくわ。
 で、どうだった、結構大変だったでしょう?
 でも、それが採掘師なのよ。
 知識と経験、そして時には勘に頼って、
 大地を探り鉱脈を見いだして、ピックを振り下ろす。
 そうしてやっと、お目当ての鉱物とご対面ってわけ。
 どうしたって地味な作業の
 繰り返しになるけど、苦労ばかりじゃないわ。
 銅鉱を掘り当てたとき、ワクワクしなかった?
 探し求めていた物を手にしたときの達成感、
 そして、未知なる物を見いだしたときの驚き。
 この感覚こそが、採掘師の一番面白いところなの。
 採掘師の苦労と醍醐味、その一端を知ったところで、
 今回の労働はおしまいよ。
 次はキミが、もう少し経験を積んで、
 ピックが十分手に馴染んだ頃に来てくれる?
 次の課題を出してあげるから、ね。」