伝えられた思い出

伝えられた思い出

  • 依頼主 :フフチャ(グリダニア:旧市街 X6-Y7)
  • 受注条件:園芸師レベル40~
  • 概要  :園芸師ギルドのフフチャは冒険者に依頼したい仕事があるようだ。

フフチャ
「・・・・・・先日の、園芸師が戦争を助長するという悩み、
 私の中ではいまだ、解決には至りません・・・・・・。
 悩みというのは、まったく狂おしいものですね・・・・・・!
 ですが、私の状況とは無関係に依頼は来るのです。
 実は、調理師ヤニに「ズッキーニHQ」の調達を
 依頼されましたが・・・・・・少々、数の確保に手間取っています。
 ・・・・・・でも、冒険者であるあなたなら、任せられそうです。
 自生しているラノシア地方まで赴き、収穫できますからね。
 どうか、東ラノシア「船着場:レインキャッチャー」の
 南にある草刈場で「ズッキーニHQ」を20個集めてください。
 調達できたら、私に見せてくださいね。」
フフチャにズッキーニHQを見せる
フフチャ
「東ラノシア「船着場:レインキャッチャー」の
 南にある草刈場で「ズッキーニHQ」を20個調達したら、
 私に見せてくださいね。」
(ズッキーニHQを渡す)
フフチャ
「立派な「ズッキーニHQ」ですね!
 湿度に敏感な作物なので、多湿な黒衣森での栽培では
 これほど立派には育たないのですよ。
 それに、収穫時期の見極めも難しいのです。
 時期を逃すと、とたんに筋っぽくなってしまい、
 食べられなくなってしまいますから。
 でも、皮が固いぶん、煮崩れしにくいので、
 「ラタトゥイユ」のような煮込み料理には最適!
 昔は、よく母のラタトゥイユを食べたものです。
 ・・・・・・と、つい思い出にふけってしまいました。
 さあ、急いで調理師「ヤニ」に届けてあげてください。
 園芸師ギルドで、あなたを待っているはずです。」
ヤニにズッキーニHQを納品
ヤニ
「おお、君が依頼を引き受けてくれたんだな。
 「ズッキーニHQ」を20個頼むぞ。」
(ズッキーニHQを渡す)
ヤニ
「うん、これはいいズッキーニHQだ。
 こいつで、最高のラタトゥイユを作ろうと思ってね・・・・・・。
 ラタトゥイユは、私とフフチャにとって思い出の料理なんだ。
 父が貿易商でね、幼いころは旅ばかりだった。
 この旅で知り合ったフフチャと私は友となったのさ。
 彼女の母親は、よくラタトゥイユを作ってくれてね。
 あの味に感動して、私は調理師を目指したのさ。
 一方、フフチャは、あのころから植物を愛していた。
 彼女から教わった野菜の知識は、料理にも役立ってるんだ。
 さあ、冒険者、ちょっと待っていろ。
 今このズッキーニHQを使って
 ひとつ料理を作るからな・・・・・・!
 さあ、今作り上げた、この「特製のラタトゥイユ」を
 フフチャに持っていってくれ。
 彼女・・・・・・最近、ちょっと苦しそうに見えるからさ。」
フフチャに特製のラタトゥイユを渡す
フフチャ
「「ズッキーニHQ」は渡していただけたのですね。
 え、私にヤニから届け物ですって・・・・・・?」
(特製のラタトゥイユを渡す)
フフチャ
「こ、これは・・・・・・まさしく母の「ラタトゥイユ」の香り!
 ええ、ヤニは熱心に母から料理を習っていました。
 一方、私は母から、植物のことを学んだのです。
 思い出します・・・・・・あの頃は、今より平和でした。
 第七霊災があったとはいえ、どうしてこうなったか・・・・・・
 園芸師として自分は力不足なのかと、心苦しいです・・・・・・。」
  特製のラタトゥイユ:ヤニお手製のラタトゥイユ