備えよ、戦いに

備えよ、戦いに

  • 依頼主 :フフチャ(グリダニア:旧市街 X6-Y7)
  • 受注条件:園芸師レベル10~
  • 概要  :園芸師ギルドのフフチャが、ある品の納品依頼を受け、冒険者の手を借りたいようだ。

フフチャ
「ちょうどいいところに来てくれましたね。
 また一段と腕をあげたようですし、
 少し手をかしてくれませんか?
 実は、グリダニアのグランドカンパニー「双蛇党」から、
 早急に「クロウの羽根」が99枚、必要だと
 依頼があったのです。
 鳥が木々に留まった時に残す「クロウの羽根」は、
 武器や防具の素材として使われるものです。
 ただ、これだけの量を頼まれるということは・・・・・・
 近いうちに、大きな戦があるのでしょう。
 依頼を受けたからには、全力で応えなければなりません。
 どうか、あなたも「クロウの羽根」の
 採集を手伝ってください。
 クロウの羽根は、
 「ギルバート監視哨」の南方で採集できます。
 99枚、採集できましたら、
 在庫管理を任せている「シセリー」に届けてください。
 よろしくお願いしますね。」
園芸師ギルドのシセリーにクロウの羽根を納品
シセリー
「また、あなたが手伝ってくれるのね。
 クロウの羽根は「ギルバート監視哨」から
 南に進んだ先で採集できるはずよ。」
(クロウの羽根を渡す)
シセリー
「99枚ぴったりね。
 ありがとう、確かに受け取ったわ。
 手を貸してくれて、助かったわ。
 フフチャから聞いたかもしれないけど、依頼元は双蛇党。
 ・・・・・・イクサルとの戦の準備をしているみたいなの。
 クロウの羽根は「フェザーハープーン」や、
 「クロウクルーク」、「エルムベロシティボウ」なんかの
 素材として使われるものよ。
 そして、それが大量に必要になるということは、
 きっと大きな戦いになるのでしょうね。
 あたしたち園芸師が都市の力になれるのは嬉しいけど・・・・・・
 なんだかちょっと、複雑な気持ちだわ。
 ・・・・・・あなたに言っても仕方ないわよね。
 ごめん、気にしないで。
 あ、そうだ、忘れるところだったわ。
 あなたに渡すようにって、フフチャから
 「サイズ」を預かっていたのよ。
 「サイズ」は草を刈るために使う「副道具」と呼ばれるもの。
 ハチェットみたいな「主道具」と併せて装備すると、
 木を切るだけじゃなく「草刈」もできるようになるわ。
 これを渡されたってことは、駆け出しは卒業ね。
 これからは、ギルドリーヴの採集稼業や
 グランドカンパニーの仕事にも挑戦して、腕を磨くといいわ。
 「サイズ」を装備できるようになったら、森に入って
 手頃な「草刈場」で試してみることね。
 どんどん経験を積んで、またギルドを手伝ってちょうだい。」