貴重な薬

貴重な薬

  • 依頼主 :メメゾフ(北ザナラーン X21-Y21)
  • 受注条件:レベル49~
  • 概要  :青燐精製所のメメゾフは、薬の材料不足に困っているようだ。

メメゾフ
「せっかくだ、もうひと仕事頼まれてくれないかな?
 薬の材料を調達してきてほしいんだ。
 ここは、ご覧のとおりの前線だからね。
 いくら材料を運びこんでも、すぐに使いつくしてしまうんだ。
 そうだなぁ・・・・・・「アーリマン」から、
 「アーリマンの角膜」を採ってきてくれるかい?
 2個もあれば大丈夫さ、よろしく頼んだよ!」
メメゾフにアーリマンの角膜を渡す
メメゾフ
「「アーリマンの角膜」は手に入ったかい?
 見た目は悪いが、いい薬の材料になるんだ。
 2個もあれば大丈夫さ、よろしく頼んだよ!」
(アーリマンの角膜を渡す)
メメゾフ
「・・・・・・持ってきてくれたんだね、ありがとう!
 これだけあれば、かなりの量の止血剤ができるよ。
 薬を使いきる前に戦いが終わればいいんだけど・・・・・・。
 いや、そんな夢みたいなこと言っても仕方ないか。
 何にしても僕は自分のことをするだけさ!
 ありがとう、冒険者君!」
  アーリマンの角膜:アーリマンの邪視を覆う角膜