前線の物資運搬

前線の物資運搬

  • 依頼主 :スパイラリング・パス闘軍曹(北ザナラーン X22-Y29)
  • 受注条件:レベル49~
  • 概要  :キャンプ・ブルーフォグのスパイラリング・パス闘軍曹は、何やら慌てているようだ。

スパイラリング・パス闘軍曹
「我々不滅隊では、ガレマール帝国側に動きを悟られぬよう、
 アマジナ鉱山社の輸送隊に偽装して
 糧食や武器などを運搬しています。
 しかし、先ほど出発した輸送隊が、
 肝心の武器をひと箱忘れて出発してしまったようなのです。
 輸送隊は、ここから北の東方監視塔に向かっております。
 申し訳ありませんが、輸送隊を追いかけて、
 この「不滅隊の制式剣」を渡していただけませんか?」
輜重兵に不滅隊の制式剣を渡す
ドドロバ
「我々はアマジナ鉱山社の輸送隊である。
 現在、鉱石を運搬中だ。
 用がないなら話しかけないでいただこう。」
(不滅隊の制式剣を渡す)
ドドロバ
「・・・・・・これは「不滅隊の制式剣」か!?
 肝心要の武器を忘れて出発してしまうとは不覚。
 冒険者殿、あなたの手助け感謝いたします。」
ドドロバ
「不滅隊の者が届けに来ると、目立ちますからね。
 冒険者殿、ご助力感謝いたします。」
ブルーフォグのスパイラリング・パス闘軍曹に報告
スパイラリング・パス闘軍曹
「ご苦労さまです、助かりました。
 ・・・・・・無事に武器を届けられたようですね。
 大事に至らなくて本当によかった。
 この北ザナラーンには、ガレマール帝国の支配地域と
 我がウルダハの支配地域の境界があります。
 ゆえに作戦行動には、細心の注意が要求されるのです。」
  不滅隊の制式剣:不滅隊の制式剣が納められた木箱