生き残るということ

生き残るということ

  • 依頼主 :フ・マージャ二等甲兵(外地ラノシア X19-Y16)
  • 受注条件:レベル47~
  • 概要  :キャンプ・オーバールックのフ・マージャ二等甲兵は、沈痛な表情をしている。

フ・マージャ二等甲兵
「アタシらを、最狂部隊なんて呼ぶヤツもいるけどさ。
 そんな名声の陰で、死んでいく仲間が何人もいるんだ。
 今だって帰ってこない新人が4人もいるんだよ・・・・・・。
 アンタ、もし仲間を・・・・・・その遺体を見つけたら、
 「紅燕の首飾り」を回収してくれないかい。
 せめて、きちんと家族に伝えてやらなくちゃね・・・・・・。」
フ・マージャ二等甲兵に紅燕の首飾りを渡す
フ・マージャ二等甲兵
「ああ、アンタか。
 アタシの仲間はみつかったかい・・・・・・?」
(紅燕の首飾りを渡す)
フ・マージャ二等甲兵
「・・・・・・ありがとう。
 そうか、やっぱり全滅したのかい・・・・・・。
 グスッ・・・・・・悪いな・・・・・・ちゃんと弔ってやれなくてさ。
 いけね・・・・・・泣いてる暇なんかなかったよ。
 仲間の分まで、アタシらが戦って生き延びなくちゃな。
 ・・・・・・それが、生き残った者の使命だと思っているさ。」
  紅燕の首飾り:燕紋の入った紅燕陸戦隊の認識票