エールポートの事件

エールポートの事件

  • 依頼主 :ウルツ・コグルツ少甲士(西ラノシア X26-Y25)
  • 受注条件:レベル48~
  • 概要  :エールポートの黒渦団員ウルツ・コグルツ少甲士は、船を出港させたいようだ。

ウルツ・コグルツ少甲士
「どうやら、輸送船が到着したらしいぞ。
 君にはしっかりとクリスタルを守ってもらわないとな!
 よし、桟橋に行って、船に乗りこむんだ!」
ドーソンに話す
ドーソン
「よう、出港準備完了だ!
 早く乗りこみな!」
うろたえた商人
「たっ・・・・・・た、大変だッ!!
 エールポートの前に海賊団「海蛇の舌」が!」
ドーソン
「「海蛇の舌」だって!?
 サハギン族とツルんでるバカどもじゃねぇか!
 ちくしょう、なんでこんなときに・・・・・・!」
うろたえた商人
「命からがら積荷を置いて逃げてきたんだ!
 まだ外にいるはずだ! 頼む、なんとかしてくれ!」
ドーソン
「まさか積荷を餌に、俺たちをおびき寄せようって腹か?
 ・・・・・・冒険者さん、悪いが置き去りにされた積荷を探して
 「海蛇の舌」を討伐してきてくれ!
 俺はここの積荷が、奴らの手に渡らないよう見張ってる。
 船はアンタが帰ってくるまで、出港見合わせだ!
 早く行きな、待ってるぜっ!」
ドーソン
「早く行きな!
 やつらはエールポートの門のすぐ前にいる。
 安心しろ、ちゃんと待っててやるさ。」
ドーソンと話す
ドーソン
「こここ、これはいったい・・・・・・!
 貴方は「暁」の冒険者さんですね?
 私はドーソン、メルヴァン税関公社から派遣された者です。
 ・・・・・・えええええ!
 私じゃないドーソンが、ここにいたっていうんですか!?
 まさか偽者だったのでは・・・・・・。
 ということは・・・・・・し、しまった、船を奪われた!?
 マズい、マズいぞ、サイアクだ・・・・・・。
 至急、ファルクブリダ隊長に報告してきてください!」
ドーソン
「マズい、マズいぞ、サイアクだ・・・・・・。
 ここに来る途中で、不自然に足止めされて、
 おかしいと思ったんですよ・・・・・・。」
手傷を負った二等甲兵
「・・・・・・うう、痛てぇ・・・・・・。
 あの「ドーソンに成りすましていた男」・・・・・・
 恐ろしい斧の使い手だ・・・・・・タダモノじゃねぇ・・・・・・。」
手傷を負った二等甲兵
「くうッ・・・・・・船が・・・・・・
 船が、奪われちまった・・・・・・。」
動揺した船乗り
「考えてみりゃ「ドーソン」って・・・・・・
 ヒューラン族の名前だよな・・・・・・。
 あいつはルガディン族・・・・・・おかしいと思ったぜ・・・・・・。」
キャンプ・スカルバレーのファルクブリダ中甲佐に報告
ファルクブリダ中甲佐
「話は聞いた、奴らの策略に嵌ってしまったようだ。
 海上での活動を得意とする奴らが、
 まさか陸上で船を略奪するとは・・・・・・。
 これは海賊団「海蛇の舌」の仕業だろう。
 目撃者の情報によれば、ドーソンに成りすましていた男は、
 海賊「ドリスナグル」のようなのだ。
 奴らのアジト「海蛇の巣穴」を仕切る頭目ドリスナグルは、
 賊だてらに、かなり頭の切れる男だと聞く。
 しかし、相手がサハギン族だけだと思い油断した。
 まさか「海蛇の舌」が一枚噛んでいたとはな・・・・・・。」