救い手は荒波に


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

救い手は荒波に

  • 依頼主 :スラフスイス(砂の家 X6-Y5)
  • 受注条件:レベル47~
  • 概要  :「暁の血盟」の冒険者スラフスイスは、冒険者に頼みたいことがあるようだ。

スラフスイス
「潮目と風向きを読み、次に来る嵐に供える・・・・・・。
 私がかつて、イエロージャケットで学んだことよ。
 今一番怖いのは、各地の蛮族が騒ぎだして
 その制圧に無駄な労力を割かれること。
 それは「暁」も各都市も同じはず。
 先手を打って、蛮族を牽制しなくてはならないわ。
 そのためには、もっと戦力が必要ね。
 私の知る範囲の蛮族、コボルド族は、
 最近になって勢力を拡大してきている。
 奴らだけでも抑えておきたいわ。
 そうね・・・・・・「キャンプ・オーバールック」には、
 「黒渦団」の海賊部隊が駐屯しているはず。
 隊長の「ブルーエイディン」に、リムサ・ロミンサの
 海賊諸派を味方にする秘策を聞いてきてもらえる?
 海賊たちの戦力を野放しにしておくのは、もったいないわ。」
キャンプ・オーバールックのブルーエイディン少甲佐に話す
ブルーエイディン少甲佐
「冒険者か、何の用だ。
 なに、スラフスイスからの伝言が?
 ・・・・・・海賊諸派を味方につけて、
 コボルド族の出鼻を挫こうってのか!
 メルウィブ提督ですら手を焼いているというのに、
 海賊どもを味方につけようったぁ、
 相変わらず考えがぶっとんでやがる。
 スラフスイスめ、イエロージャケットを辞めたと聞いたが、
 戦場から下がる気はさらさらないってところだな。
 ・・・・・・ガハハ、まったく、イイ女だぜ!」