スカルバレーの女丈夫

スカルバレーの女丈夫

  • 依頼主 :ラドルフ(砂の家 X6-Y5)
  • 受注条件:レベル48~
  • 概要  :「暁の血盟」のラドルフは、冒険者に頼みたいことがあるようだ。

ラドルフ
「Nikuq、あんたに頼みがある。
 サハギン族の牽制に手を貸してくれないか。
 「暁の血盟」が抱えている問題に専念するために、
 後顧の憂いを断っておきたいんだ。
 ちょうど「黒渦団」からも応援の要請が来ているんだ。
 エールポート北西の「キャンプ・スカルバレー」に向かって
 隊長である「ファルクブリダ中甲佐」と話てくれよ。」
キャンプ・スカルバレーのファルクブリダ中甲佐と話す
ファルクブリダ中甲佐
「いかにも、私が「黒渦団」のファルクブリダだ。
 「暁」の寄越した凄腕の冒険者とは貴公か?
 協力感謝する。
 このキャンプ・スカルバレーは、
 仇敵サハギン族の勢力圏から目と鼻の先。
 奴らの侵攻を食い止める水際防衛線なのだ。」