黄砂の光

黄砂の光

  • 依頼主 :アレンヴァルド(砂の家 X6-Y5)
  • 受注条件:レベル47~
  • 概要  :「暁の血盟」のアレンヴァルドは、ウ族に強力を求めたいようだ。

アレンヴァルド
「俺の友・・・・・・アバとオリは、この「暁」で、
 エオルゼアの救済を成し遂げるという信念のもと、
 激しく戦い、そして散っていった・・・・・・。
 次から次へと問題が沸きあがる今だからこそ、
 各地の蛮族に、騒がれるわけにはいかない。
 彼らの意志を継ぐためにも、蛮族を抑えなければ・・・・・・。
 そうだ、ウ族の狩人たちに協力を仰ぐのはどうだろうか。
 かつて冒険をしていたときに会ったことがあるが、
 よく訓練された強い民だ・・・・・・。
 慣れ合いを好まぬウ族を、味方につけるのは難しいだろう。
 ・・・・・・だが、彼らと協力することさえできれば、
 アマルジャ族を牽制する、頼もしき戦力となる・・・・・・。
 俺が行った所で門前払いだろうが・・・・・・
 お前はあのウ族の族長「ウ・オド・ヌン」に、
 顔が利くと聞いた・・・・・・。
 エオルゼアの民を、蛮族の脅威から守るため・・・・・・
 有事の際は協力してくれるよう、
 ウ族へ交渉しに行ってくれないか・・・・・・。」
忘れられたオアシスのウ・オド・ヌンと話す
ウ・オド・ヌン
「よう、蛮神「タイタン」討伐の英雄じゃねぇか!
 よく来てくれたな!
 ・・・・・・なるほど、蛮族牽制への協力要請か。
 俺たち自由の民に、面倒な話を持ってきやがって。
 まぁ、俺はてめぇを気に入っちゃいるが、
 下のモンたちはどうかねぇ・・・・・・。」