森の嘆き

森の嘆き

  • 依頼主 :ラヤ・オ・センナ(黒衣森:南部森林 X18-Y27)
  • 受注条件:白魔道士レベル35~
  • 概要  :キャンプ・トランキルのラヤ・オ・センナは冒険者にやらせたいことがあるようだ。

ラヤ・オ・センナ
「へぇ・・・・・・前より白魔道士らしい顔つきになってる。
 でもまだまだ、今のあなたは雛チョコボみたいなものよ?
 「鎮撫の儀」までに覚えること、いっぱいあるんだから。
 そもそも、儀式をするためには、
 まず精霊と交感できるようにならないとね。
 ちょうど、「スカンポの安息所」の近くに、
 「長老の木」ほどの大きさではないけど、
 怒りに囚われた樹があるのよ。
 この樹の精霊を鎮め、癒してあげてほしいの。
 樹に向かって手を掲げ、精霊の心と直接、交感するのよ。
 その時、もしかしたら・・・・・・
 精霊の怒りが、魔物を喚んでしまうかもしれないわ。
 でも、恐れないでNikuq。
 まずは魔物を追いはらい、
 心を落ち着けて、樹の精霊と交感すれば・・・・・・
 必ず怒りに囚われた心を鎮め、癒せるはずだから。
 あたしたち白魔道士の力は、癒しのための力よ。
 そのことを、決して忘れないで。」
スカンポの安息所の指定地点を鎮める
精霊を鎮め・・・・・・白魔道士として一歩成長した!
キャンプ・トランキルのラヤ・オ・センナに報告
ラヤ・オ・センナ
「・・・・・・さっき、精霊の怒気が、ひとつ減ったのを感じたわ。
 見事にやり遂げたようね、Nikuq。
 精霊と交感して、その心を癒したことでわかったろうけど、
 黒衣森と精霊ってね、分けられないものなのよ。
 今、黒衣森がおかしくなっているのも同じ・・・・・・!
 本来なら少し森が傷ついても、精霊たちが調和を保つの。
 でも、精霊が怒りに囚われれば「敵」を排除しようとする。
 「敵」とは、森にとっての異物・・・・・・人もその内に含むのよ。
 だからこそ、長老の木に棲まう大精霊を鎮めなくては!
 私たち、白魔道士がね。
 そこには、種族や部族の違いなんて関係がないのよ。
 精霊と交感し、森を癒す・・・・・・癒し手として、
 純粋にその「力」だけが求められるの。
 ・・・・・・そこら辺、ア・ルンにもわかってほしいのよね。
 まったくあの子ってば、二十歳にもなろうっていうのに、
 伝統に縛られて、アッタマが固いんだから・・・・・・。
 そりゃ、「角尊」としての立場やプライドにこだわる
 ア・ルンの気持ちはわかるわよ・・・・・・?
 でも実際問題、それじゃ解決できない問題はあるんだもの。
 そろそろ、あの子にも納得してもらわないと・・・・・・。
 ・・・・・・よし、少し時間をくれる?
 あんたのことをア・ルンが認められるように、
 ちょっと方法を考えてみるわ。」
新たな白魔法を受け継いだ!