魔導アーマーを奪取せよ!

魔導アーマーを奪取せよ!

  • 依頼主 :グラウムント(モードゥナ X22-Y7)
  • 受注条件:レベル46~
  • 概要  :レヴナンツトールのグラウムントは、計画を実行に移したいようだ。

グラウムント
「さって、準備は整ったな・・・・・・。
 こっちも「魔導アーマー」奪取の計画が立ったところだ。
 耳の穴かっぽじって、よく聞いてくれよ。
 「カストルム・セントリ」の周辺を警戒する哨戒部隊は、
 魔導アーマーを配備していることが多い。
 だが、哨戒部隊の出入りは不定期なうえ、
 滅多にレヴナンツトールの方までは出張ってこない。
 警備が厳重になった最近でも、それは同じだ。
 そこで少し前に、不穏分子が「カストルム・セントリ」を
 狙っているとの情報を匿名で流しておいた。
 これで哨戒の頻度も増えるはずだ。
 その哨戒部隊に対し、帝国兵に扮して、
 「怪しいヤツが居る」とでも注意を促す。
 そうやって、できるだけここの近くまで誘導するんだ。
 次に、帝国式の狼煙を焚く。
 そうすれば、緊急事態と察した哨戒部隊が、
 おっとり刀で駆けつけるだろうぜ。
 そこを襲って奪取するって寸法さ。
 ・・・・・・どうだい、すげーあざむいちゃってるだろ!?
 狼煙を焚くのには、こいつを使いな。
 さっきヤツらの荷物からかっぱらってきた、
 「帝国式発煙筒」だ。
 ・・・・・・っと、もうすぐ哨戒部隊が見回る時間だ。
 どーんと行って、どーんと奪ってこい!」
帝国兵の装備で哨戒部隊に「帝国式敬礼」をする
帝国軍百人隊長
「冒険者・・・・・・いや、変装中の密偵か?
 任務中の会遇は敬礼するのが礼儀であろう。
 怠れば怪しまれるぞ。」
気さくな軍団兵
「お前は・・・・・・ああ、内通者か?
 冒険者が堂々と近寄ってくるもんだから、
 何事かと構えちまったぜ。」
心酔しきった軍団兵
「この先は、我ら「ガレマール帝国」の要塞・・・・・・
 知らず立ち入ったでは済まされんぞ。」
苛立った軍団兵
「んん~!? 貴様、冒険者か?
 この制服が見えているなら、さっさと去れ!
 不穏分子として捕らえるぞ!?」
悩ましそうな軍団兵
「・・・・・・・・・・・・はぁ・・・・・・。」
油断した軍団兵
「・・・・・・何の用だ。」
(帝国兵の装備で話しかける)
帝国軍百人隊長
@@@@@@@@@@
気さくな軍団兵
「よう、見回りか?
 お互いご苦労さんだな。
 早く任務を終えて、国へ帰りたいよ。」
心酔しきった軍団兵
「我ら「ガレマール帝国」の力は、
 未来への道を切り開くためにある。
 昔、上官に教わった言葉だ・・・・・・。」
苛立った軍団兵
「おらおら! 働け!
 さっさと哨戒を済ませれば、それだけ早く帰れるんだ!
 ・・・・・・おら、働け!」
悩ましそうな軍団兵
「オレの小遣い、いくらだか知ってるか?
 田舎にいる女房への送金で、いくらも残ってないよ・・・・・・。
 はぁ・・・・・・警備班は辛いなぁ・・・・・・。」
油断した軍団兵
「不穏分子なんてただの噂だろ?
 「カストルム・セントリ」を襲おうなんて
 馬鹿な奴はいないよ。」
(帝国式敬礼をする)
帝国軍百人隊長
「うむ、やはり密偵であったか。任務ご苦労。
 ・・・・・・なに、この辺りに怪しいヤツが?
 やはり不穏分子が居るという密告は本当だったのか。
 もし何かあれば、「帝国式発煙筒」を使うんだぞ。
 我々がすぐに駆けつけるからな。
 では、引き続き見回り任務を頼む!」
指定地点に帝国式発煙筒を使う
シド
「よう、作戦は上手く進んでるようだな。
 魔導アーマーを奪取するなら、
 技術屋がいたほうがいいだろうと思ってな。
 ・・・・・・見ろよ。
 丁度おいでなさったようだ。」
帝国軍百人隊長
「これは・・・・・・何事だ?
 てっきり、先ほど報告があった
 不穏分子の件だと思ったのだが・・・・・・。」
帝国軍警備兵
「隊長、あれをッ!」
帝国軍百人隊長
「貴様、不穏分子だな!
 「魔導アーマー」を出せ、叩くぞ!」
魔導アーマーと帝国兵を倒せ!
シド
「俺も手伝うぜ!
 魔導アーマーを奪うには、機能を停止させるんだ。
 少しの故障は構わない。
 邪魔な帝国兵を蹴散らしたら、魔導アーマーを狙え!」
Vコホルス・エクエス
「交戦中の小隊を発見、加勢する!」
シド
「おいおい、技術屋にはつらいぜ・・・・・・。
 魔導アーマーの出力が上がった・・・・・・!?
 気をつけろ、攻撃を食らうと手痛いぞ!
 そろそろか・・・・・・鉄くずになる前に止まってくれよ!」
(失敗時)
シド
「すまん・・・・・・でしゃばりすぎたか・・・・・・。」
シド
「よくやった!
 これで「魔導アーマー」は手に入ったな!
 ・・・・・・しかし。
 こいつはちょっと、やりすぎちまったようだ。
 ビッグス、ウェッジ!
 どうだ、何とかなりそうか?」
ビッグス
「派手に煙は出てますけど、
 そこまで深刻なダメージじゃないですね。
 すぐにでも直せるでしょう。」
ウェッジ
「それよりも「脚」が上手いこと動かないッス。
 もしかしたら、内部の制御装置が
 ヤラれてるかもしれないッス。」
ビッグス
「そんなにヤワな代物には思えんがなぁ。
 打ちどころが悪かったってやつか?」
ウェッジ
「そもそも整備不良だったかもッス。
 ・・・・・・帝国の財布も火の車ッス?」
ビッグス
「・・・・・・何にせよ、持ち帰って調べてみるぞ。
 ウェッジ、今日は徹夜だ!」
ウェッジ
「・・・・・・楽しい職場ッス。」
ビッグス
「ぼやくな!」
シド
「故障したまま潜入ってわけにもいくまい。
 いったん整備のために、
 「レヴナンツトール」に持ち帰るとしよう。
 俺たちは先に帰っておく。
 お前も、気をつけて帰ってきてくれ。」
シドに報告
スラフボーン
「奪取した魔導アーマーなら、この中で修理中だ。
 どこに帝国の目があるかわからんからな。
 ・・・・・・中に入るか?」
ビッグス
「腕に掲げた歯車印は、親方率いる名工集団、
 ガーロンド・アイアンワークスの証。
 こいつのことは任せてくれ!」
ウェッジ
「やっぱり、魔導アーマーはでっかいッス。
 オイラ何人分ッス?」
シド
「よう、帰ってきたか。
 「魔導アーマー」の損傷箇所を一通り調べてみたが、
 制御装置を除けば、たいした損傷はないようだ。
 ビッグスとウェッジに任せておけば、
 すぐにでも修理してくれるだろうぜ。
 2人とも、新しい「オモチャ」を楽しんでいるからな。」
  帝国式発煙筒:帝国軍が用いている発煙筒