軍学式の治療法


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

軍学式の治療法

  • 依頼主 :アルカ・ゾルカ(リムサ・リミンサ:上甲板層 X11-Y6)
  • 受注条件:学者レベル45~
  • 概要  :斧術師ギルドのアルカ・ゾルカには、冒険者に頼みたいことがあるようだ。

アルカ・ゾルカ
「そうそう、Nikuq君!
 キミが学者装束のために奔走している間も、
 調査を進めていたところ、新たに解ったことがあるんだ。
 ・・・・・・「ニーム」が繁栄していた第六星暦末期。
 「魔大戦」という大きな戦乱があったものの、
 その合間には、多少なりとも平穏な時期があったらしい。
 そういう平時の間、学者たちはその魔法を使って、
 癒やし手として活躍していたそうなんだ。
 特に、ニームで奇病が大流行した時には、
 献身的に人々の治療にあたったそうだよ。
 当然、キミのフェアリーも治療に参加していたはずさ。
 もしかすると、病人の治療に手を貸すことで、
 フェアリーの記憶を刺激できるかもしれない・・・・・・。
 高地ラノシアのキャンプ・ブロンズレイクには、
 「ウォームワイン・サナトリウム」っていう療養所がある。
 所長の「ルクサ・ファルサ」に会って、
 病人の治療を手伝ってみたらどうかな?
 フェアリーの目覚めを促せるかもしれないよ。」
高地ラノシアのキャンプ・ブロンズレイクにいるルクサ・ファルサと話す
ルクサ・ファルサ
「ようこそ、ウォームワイン・サナトリウムへ。
 長期療養のご希望でしたら・・・・・・っと、
 病人の治療を手伝いたいですって?
 あぁ、アルカ・ゾルカさんから話は伺ってますよ。
 今のご時世、無償で治療をしてくださる方がいるとは・・・・・・
 私、感激でございます。
 この温泉地には現在、治療を必要としている
 傷病兵が5名ほどいらっしゃいます。
 貴方が得意とする治療法・・・・・・「生命浄化法」で、
 傷病兵のみなさんを、癒やしてさしあげてください。」
傷病兵に「生命浄化法」をする
辛そうな傷病兵
「なんだか、体調がすぐれなくて・・・・・・
 あなたが治療してくださるの?」
(生命浄化法をする)
辛そうな傷病兵
「まぁ、なんだか身体が軽くなったようだわ。
 本当にありがとう!」
眠そうな傷病兵
「・・・・・・悪夢にうなされて、夜も眠れないの。
 何かに取り憑かれているのかしら・・・・・・。」
(生命浄化法をする)
眠そうな傷病兵
「ほ、本当に取り憑かれていたなんて!」
陰気な傷病兵
「カルテノーの戦いから5年・・・・・・
 いっこうに傷が完治する様子もねぇ・・・・・・。」
(生命浄化法をする)
陰気な傷病兵
「あ、あんなに疼いていた傷が嘘のように・・・・・・
 アンタ、いったい何者だ!?」
顔色の悪い傷病兵
「傷はもう治ったはずなのに、
 誰かが伸しかかっているように肩が重いんだ・・・・・・。」
(生命浄化法をする)
顔色の悪い傷病兵
「な、なんだ!?
 悪霊に取り憑かれていたってことか?」
酔った傷病兵
「うぃっく・・・・・・
 治療のために飲むスパイスワインは、最高だぁ~!」
(生命浄化法をする)
酔った傷病兵
「うぃっく・・・・・・どうしてくれるんだぁ~!
 体調が良くなっちまったら・・・・・・うぃっく!
 スパイスワインが、飲めなくなるじゃねぇかぁ~!」
ルクサ・ファルサと話す
ルクサ・ファルサ
「いやぁ、実に素晴らしい働きぶり!
 私、感服いたしました!
 傷や病が癒えれば、みなさん、前線に復帰できるでしょう。
 貴方を紹介してくださった斧術士ギルドの
 「アルカ・ゾルカ」さんにも、よろしくお伝えください!」
リムサ・ロミンサの斧術士ギルドにいるアルカ・ゾルカに報告
アルカ・ゾルカ
「やあやあ、Nikuq君!
 その様子だと、キャンプ・ブロンズレイクでの
 治療活動は順調だったみたいじゃないか!
 うんうん。
 どうやら、キミの相棒であるフェアリーも、
 癒やし手としての日々を思い出したようだね。
 僕だって負けてはいないよ。
 キミが治療に行っている間に、
 さらに海兵の戦技を体得するため、猛特訓していたんだ。
 もう少し時間が必要そうだけど、必ずモノにしてみせるさ!
 キミも、欠かさず修行しておけよな!」