悪鬼と月の衛星

悪鬼と月の衛星

  • 依頼主 :クリントータ(モードゥナ X30-Y13)
  • 受注条件:レベル45~
  • 概要  :聖コイナク財団の調査地のクリントータは、冒険者に秘密の依頼をしたいらしい。

クリントータ
「ここの調査員たちは、みんな遺跡発掘に夢中だよ。
 ・・・・・・でもね、実はボクには秘密の目的があるんだ。
 ボクが本当に知りたいのは月の衛星「ダラガブ」のことさ。
 5年前、赤く輝きはじめたと思う間に、
 巨大化して落ちてきたダラガブ・・・・・・。
 挑むに値する研究課題だとは思わないかい?
 そこで、破片のひとつが落着した「唄う裂谷」で
 発掘調査を進めていたんだけど・・・・・・その遺物のひとつを、
 「エルダー・ハパリット」に奪われてしまったんだ。
 お願いだよ、冒険者さん。
 「エルダー・ハパリット」を倒して、
 「ダラガブの小片」を取り返してくれないかな?
 ただ、非常に大柄でどう猛な奴だからね・・・・・・。
 この「スパイス爆弾」を使ってよ。
 妖異が嫌う刺激物をたっぷり詰めこんであるからさ。」
クリントータにダラガブの小片を渡す
クリントータ
「お帰り、冒険者さん。
 ・・・・・・ダラガブの遺物は取り戻せたかい?」
(ダラガブの小片を渡す)
クリントータ
「おお、これは貴重な標本だよ!
 もっと詳しく調べてみないと解らないことも多いけど、
 構成素材ひとつ取っても、実に興味深い!
 見てごらん、この遺物の素材は、
 周辺のアラグ帝国の遺跡で発見されたものとそっくりだ。
 ダラガブとアラグ文明が創りだした人工天体・・・・・・
 そういう学説もあるんだけど、これは重要な証拠になるね。
 クリスタルタワーにダラガブ・・・・・・
 そんな物を創りだしてしまう超文明が存在していたなんて、
 本当に挑みがいのある謎だよ! ありがとね、冒険者さん!」
  スパイス爆弾:刺激的な香辛料その他が詰め込まれた小袋
  ダラガブの小片:月の衛星ダラガブの一部と思われる小片