偽りの敬礼


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

偽りの敬礼

  • 依頼主 :グラウムント(モードゥナ X22-Y7)
  • 受注条件:レベル46~
  • 概要  :レヴナンツトールのグラウムントは、作戦の前に冒険者に任せたい仕事があるようだ。

グラウムント
「あんたらに「帝国軍あざむき作戦」完遂のために
 ひとつ、やっといてもらいたいことがある。
 耳の穴かっぽじって、よく聞いてくれよ。
 帝国兵に変装するにあたり「帝国式敬礼」を習得するんだ。
 見た目も動作もヤツらになりきるって寸法さ。
 ・・・・・・どうだい、すげーあざむいちゃいそうだろ!?
 ヤツらは職務上、何をするにもまずは敬礼からだ。
 あの要塞に侵入するにしても、
 敬礼をしっかり返すことが重要になっからよ。
 「カストルム・セントリ」の近くで身を潜めて、
 帝国兵たちの敬礼のやり方を調べてくるんだ。
 どーんと行って、どーんと覚えてこい!」
指定地点で待機
帝国軍の哨戒兵
「・・・・・・異常なしッ!」
帝国軍十人長
「見回り、ご苦労である。
 ・・・・・・このモードゥナに不穏分子が潜んでいると、
 少し前に匿名の密告があったらしい。
 我々は「カストルム・セントリ」に帰り、
 哨戒隊の再編を行う。
 見回りの頻度を上げるぞ。」
グラウムントに報告
グラウムント
「どうだ、「帝国式敬礼」を覚えてきたか?
 ああ、わざわざ見せなくていいぜ。
 嫌なモン思い出して、殴りたくなっちまったら大変だ。
 準備ができたなら、それでいいさ。」