即席の雷波塔

即席の雷波塔

  • 依頼主 :シド(モードゥナ X22-Y7)
  • 受注条件:レベル46~
  • 概要  :シドは冒険者に、作戦と並行して協力してもらいたいことがあるようだ。

シド
「Nikuq、協力してくれ。
 グラウムントが計画を立てている間、
 俺もやっておきたいことがあるんだ。
 だが、ここは敵の玄関先。
 「魔導アーマー」を奪ったとしても、通信されちまったら、
 帝国兵に成り代わって潜入するって計画が台無しだ。
 そこで、万が一のために、
 帝国軍で使われている「雷波通信」に対する
 妨害装置を用意しようと思う。
 幸い、この近くにある「偏属性クリスタル」に、
 火属性を雷属性に変換する作用があることが分かった。
 こいつに細工して、周辺に妨害雷波を放射させる。
 ああ、すまない・・・・・・簡単に言えば、
 大きな音を出して小さい音を消すってことだ。
 妨害するのは帝国の通信だけから、安心していい。
 十分な雷波を放射させるため、
 特に力の強い偏属性クリスタルに細工をしたい。
 調査用の装置を貸すから、クリスタルの反応を調べてくれ。
 目星をつけていたクリスタルを地図に記した。
 強い雷属性にはプラズモイドが
 引きつけられてくるから、気をつけて調査してくれよ。」
シドに報告
シド
「どうだ、使えそうなクリスタルは見つかったか?
 ・・・・・・調査を終えたら「雷波測定器」を返してくれ。」
(雷波測定器を渡す)
シド
「・・・・・・なるほど、4ヶ所が使いものになりそうか。
 これなら十分だ、助かったぜ。
 まぁ、使わないですむことを祈るばかりだがな。」
  雷波測定器:放射される雷波を測定する装置