私のキャロットちゃん

私のキャロットちゃん

  • 依頼主 :アガンボルド(モードゥナ X22-Y6)
  • 受注条件:レベル44~
  • 概要  :レヴナンツトールの冒険者アガンボルドは、Nikuqの腕を試そうとしている。

アガンボルド
「俺らレヴナンツトールで活動する冒険者にとって、
 最強にして最大の宿敵・・・・・・それが、モルボルだ。
 誰もが嫌い、憎むモルボルを、お前に倒してきてもらうぜ。
 そうさな・・・・・・3匹ほど倒せば十分だろう。
 ・・・・・・こいつは儀式さ。
 お前をレヴナンツトールの一員に迎えるためのな。
 まずは力試し、ちゃっちゃと片付けてこい!」
アガンボルドに報告
アガンボルド
「おう、モルボルを討伐できたみたいだな。
 だが安心するのはまだ早ぇ。
 ここまでなら、もう何人もたどり着いてるんだからな。
 次は、レヴナンツトールの冒険者の宿敵を相手にしてもらう。
 お前の地図に印をつけておいたから、そこへ向かえ。
 ・・・・・・必ず生きて帰ってくるんだぜ!」
アガンボルドに報告
アガンボルド
「まさか、最強の敵「キャロットちゃん」を倒すとは・・・・・・!
 お前の力、認めないわけにはいかねぇな!
 奴はかつて、物好きな貴族が愛玩用に飼っていたモルボルだ。
 先祖返りしたとかで飼い主のもとから逃げだし、
 あのとおり凶暴化してたってわけさ。
 舐めてかかって、死んじまった冒険者は数知れず。
 俺の尊敬していた冒険者も、
 こいつの息の臭さに引退を決めたほどだ・・・・・・。
 だが、それも今日で終わりさ。
 今日からお前は、レヴナンツトールの一員だ。
 いっしょに、この拠点を盛りあげていこうぜ!」