乗り越えるべき壁

乗り越えるべき壁

  • 依頼主 :ヴィルンズーン(リムサ・ロミンサ:上甲板層 X11-Y6)
  • 受注条件:斧術士レベル25~
  • 概要  :斧術士ギルドマスターのヴィルンズーンが、前回の反省を生かした試練を、Nikuqに与えようとしているようだ。

ヴィルンズーン
「先日の一件について、ずっと俺は考えていた。
 奴らの群れの「密度」は、俺の想像以上だった。
 斧術士の剛力をもってしても、払いきれぬほどのな。
 おそらく、あの群れを打ち払わねば、
 クジャタに辿り着くことすらできぬ・・・・・・。
 だが、それさえ叶えば、クジャタに刃も届こう。
 群れをさばく強さを得る、そのための試練を用意した!
 詳細は、「ソルクウィブ」から聞くがいい。
 あいつなら、レストラン「ビスマルク」にいるだろう。
 Nikuqよ、
 必ずやクジャタを倒す力をつけてみせよ!
 斧術士ギルドの誇りも、お前の双肩にかかっているぞ!!」
レストラン「ビスマルク」にいるソルクウィブと話す
ソルクウィブ
「斧術士ギルドの誇りを背負う・・・・・・か。
 ずいぶんと大変な役割を任されたみたいじゃないか。
 だが、アタイもアンタがやるべきだと思う。
 これは何より、あの坊やの仇討ちだからね。
 憧れられたアンタをおいて、他に誰がやるってのさ。
 さ、そのための試練を気張ろうじゃないか。
 場所は、低地ラノシアの「ソルトストランド」だ。
 アタイもつきあうからさ、現地で落ち合おう!」
ソルトストランドにいるソルクウィブと話す
ソルクウィブ
「ここがアニキの指定した場所だけど・・・・・・
 ぬるりと・・・・・・イヤーな気配が近付いてるのがわかる。
 斧を抜きな、何かあるよォ!」
モラビー・ヘッジモールたちを倒せ
至福のソルクウィブ
「こんな奴ら、とっとと片づけちまうよ!」
ソルクウィブ
「あらかた片づいたみたいだね。
 試練ってわりには、ずいぶんと・・・・・・?」
???
「貴様がNikuq Niuniuだな・・・・・・?」
ソルクウィブ
「誰だいっ!?」
???
「故あって、我らの挑戦受けてもらう!
 いざ、尋常に勝負ッ!!」
ソルクウィブ
「バ、バカアニキ・・・・・・!?」
知人に似た男たちを倒せ
至福のソルクウィブ
「なにやってんだい、アンタたちはァ!?
 ともかく、負けるわけにはいかないよォ!
 ちぃ、ホントにしつこい奴らだねェ!
 まだ出てくる! 一体何人いるんだい!」
ギルドマスターに似た男
「ほう、こやつらを容易く倒してのけるとは・・・・・・。
 フッフフ・・・・・・やはり俺が出なくては無理か。
 お前の強さを示してみせよ、Nikuq Niuniu!!
 さもなくば我が斧の一撃にて、貴様の命を圧し斬るぞッ!!」
ギルドマスターに似た男を倒せ
至福のソルクウィブ
「Nikuq、気を引き締めな!
 お遊びじゃないみたいだよォ!」
ギルドマスターに似た男
「貴様の力、見定めてやろう!
 貴様の力はこの程度か?
 これでは本気を出すまでもない・・・・・・!
 俺を相手に、よくぞここまで抗うものよ。
 どうやら、本気を出さねばならんようだ!」
ギルドマスターに似た男
「見事だ・・・・・・お前の力は、俺の予想を超えていた。
 うむ、これならば・・・・・・。
 お前たち、引き上げるぞ!
 まさか、立てぬ者はおるまいな?
 本当に、見事であったぞNikuq!
 お前ならば、必ずや・・・・・・!」
ソルクウィブ
「ふぅ、やれやれ・・・・・・アニキの奴、
 まさかアレで正体バレてないつもりなのかね?
 不器用というか、なんというか・・・・・・ねぇ。
 もちろん、アニキは悪気があってやったわけじゃない。
 実戦を通して、アンタを鍛えようって思ったんだろうね。
 その思いやりは、受け取ってやっとくれ。
 さ、斧術士ギルドに戻るよ、Nikuq。
 戻っても、気付かなかったフリをしておくれよ?
 アニキの顔は、立ててやらないと。」
斧術師ギルドのヴィルンズーンに報告
ヴィルンズーン
「うむ、話は聞いている。
 こちらが用意していた以上の難敵に出会ったようだが、
 よくぞ切り抜けた。
 ・・・・・・仮面の男たちが何者であるかは、今は問うまい。
 確かなのは、お前が難関を見事に乗り越えたこと。
 その揺るぎない事実だけが大切なのだ。
 斧術士ギルド全ての者が、お前の背中を後押ししよう。
 お前こそがギルドの代表であると、胸を張って語ろう。
 そうだ、お前が倒せぬなら、クジャタはもはや誰にも倒せまい。
 奴が現れるまで、遺された時間、腕を磨き続けるのだ。」