狂気の歌声

狂気の歌声

  • 依頼主 :ダヴィッド(西ラノシア X16-Y30)
  • 受注条件:レベル42~
  • 概要  :シリウス大灯台のダヴィッドは鍛冶師を出迎えたいようだ。

ダヴィッド
「ううむ・・・・・・。
 「歌声」はいったいどこから・・・・・・ああ、君か。
 君が調査してくれた歌声のことが頭から離れなくてね。
 そうだ、ついさっきエールポートから、
 名匠の「ミミドア」さんが、到着したと連絡がきたんだ。
 ミミドアさんは、灯台の修復に派遣された技師だ。
 幽霊騒ぎで、復興計画が大幅に遅れているからな。
 関係者はやきもきしているだろう。
 幽霊騒ぎも気がかりだけど、
 復興も進めないといけないからね・・・・・・。
 すまないが、ミミドアさんの出迎えに行ってくれないか。」
幻影諸島船着場のミミドアと話す
ミミドア
「おう、Nikuqどんか。
 ・・・・・・それで、島の様子はどうなっとるね?
 ・・・・・・魔物が溢れて灯台修復どころではなかか。
 思うたとおり・・・・・・やはりそうじゃったか。
 「謎の歌声で巷に亡霊があふれかえる・・・・・・」
 ・・・・・・実は以前、これと似たような事件に
 出くわしたことがあったのじゃぞい。
 ・・・・・・美しか歌声で船乗りを惑わせ、
 船を暗礁に導いて沈没させる・・・・・・。
 伝説の魔物「セイレーン」の仕業に違いないぞい!
 セイレーンの歌声は聴く者を虜にして精気を吸い取り、
 その意のままに動く、生きた屍にするという話だぞい。
 今回の魔物たちも・・・・・・
 海で死んだ船乗りや、海賊たちの亡霊だと思うぞい。
 こんままでは被害が拡大し、いずれはラノシア本土にも
 亡霊が溢れかえることになるぞい。
 そうなる前に、セイレーンを討たにゃならんぞい!
 ・・・・・・おう、大事なモンを忘れていたぞい。
 これは「ミミドア式耳栓」じゃぞい。
 これがなければ、奴の歌声の虜になってしまうぞい!
 奴は「船の墓場」に現れるはず・・・・・・。
 そこに張りこんで、セイレーンを退治するぞい!
 そんじゃ、わしはちっと先に行っとるぞい!!」
船の墓場のミミドアと話す
ミミドア
「浜辺に焚き火を用意しといたからの。
 あそこでちくっと待って、様子を見るぞい。
 運が良ければ、セイレーンに会えるはずじゃぞい!」
焚き火で待機
ミミドア
「ここに現れるというのは、
 やっぱり、ただの噂だったのかのう・・・・・・。
 ・・・・・・ん?
 なんじゃ、この歌は・・・・・・。
 ・・・・・・ほ、ほんとに出おったぞい!
 あ、あれが、伝説の魔物「セイレーン」じゃ!!
 あの時の事件と同じならば、奴は海上から動かず、
 下僕の亡霊たちをけしかけてくるはずじゃ・・・・・・。
 ・・・・・・あとのことは任せたぞい!」
亡者たちを倒せ!
セイレーン
「♪また 哀れな罪人が迷い込んだ 私を求めて・・・・・・
  いいわ 貴方の愛に寄り添ってあげる 私の歌で永遠に
 ♪可哀想に貴方には 私の愛が届かないだなんて
  いいわ ならば罪人のまま亡者と踊れ 私の歌で延々と
(♪狂乱~
  それは甘き死の旋律)
 ♪愛は亡者となりて朽ち果てず とこしえに朽ち果てず
  愛を求め 私を求め 踊り続ける運命の中で・・・・・・
(♪踊れ~
  亡者となりて永遠に)
 ♪哀れな罪人を駆り立てるは 憎悪か絶望か
  踊り続ける宿命の中で 罪人の想いは消えていく・・・・・・
(♪静寂を~
  私の愛で染めあげる)
 ♪愛の歌声は潮風に乗り 亡者とともに届けられる
  私を愛しすぎた 罪深き貴方のもとへ・・・・・・
 ♪恋に落ちて 愛に溺れ 哀れな罪人となった・・・・・・
  貴方の体は血を流し 貴方の心は血を啜る
 ♪愛しすぎた私は 愛の歌を強く奏でる
  哀しすぎた貴方を 最期に・・・・・・
(♪絶叫こそが~
  愛の言葉なのだから)
 ♪時は終焉を告げ 亡者の舞踏会も幕が下りる・・・・・・
  いつかまた逢いましょう 愛の輪廻の輪の中で・・・・・・」
船の墓場のミミドアと話す
ミミドア
「あっぱれだったぞい、Nikuqどん!
 しかし・・・・・・奴に逃げられてしもうたことは残念だのう。
 ・・・・・・わしの悲願は、憎きセイレーンを討滅することなのよ。
 かつて奴の歌声を聴き、海に還ってしもうた
 鍛冶師ギルドの者らの仇を討つまで、わしは絶対に諦めん。
 さてと、それじゃあ、ここらでさらばじゃぞい。
 どこかで会ったときには、また力を貸してほしいぞい!」
ダヴィッドに報告
ダヴィッド
「なんと・・・・・・セイレーンだと!?
 あの伝説の魔物が黒幕だったか・・・・・・。
 逃げられたのは惜しいけど・・・・・・。
 島から去ったのなら、幽霊騒ぎも少しは落ち着けばよいが。
 ともかく、大灯台の修復には、じきに取りかかれるだろう。
 礼というわけではないけど、これは約束の品。
 大灯台で採れた「偏属性クリスタル」の欠片だよ。
 ちゃんと壺に入れておいたからな! ありがとよ!」
エールポートのシアーナに「重い絶霊体の壺」を渡す
シアーナ
「おかえりー! どうだった、どうだった?
 ・・・・・・幽霊は怖くなかった?」
(重い絶霊体の壺を渡す)
シアーナ
「おおっ! 「偏属性クリスタル」じゃん!
 でかしたーっ!
 あ、でも・・・・・・これって、
 「風属性を水属性に変換するクリスタル」じゃん?
 う~ん、君が欲しいのじゃなかったねー。
 でも、あと「水を土に換えるクリスタル」があれば、
 目的達成ってわけじゃないっ!?
 あとひとつ! がんばれーっ!
 そうだ、さっきランベルタン先生から連絡があって、
 このクリスタルは壺ごと、グリダニア・ランディングまで
 送っておくようにと言われたよ! 任せといてー!」
  ミミドア式耳栓:ミミドアの開発した高性能耳栓
  重い絶霊体の壺:偏属性クリスタルが納められた壺