死霊と香辛料

死霊と香辛料

  • 依頼主 :エラピ・タロピ(西ラノシア X17-Y31)
  • 受注条件:レベル42~
  • 概要  :船の墓場のエラピ・タロピは、スープを美味しくしたいようだ。

エラピ・タロピ
「まいったぜ、幽霊騒ぎに便乗して、
 小銭稼ぎのつもりで島にやってきたんだが・・・・・・。
 ・・・・・・まさか、幽霊の正体がマジもんの死霊だったなんてよ。
 これから「船の墓場」に行って、
 金目のものを物色しようと思ってたのに、
 これじゃ仕事にならねぇぜ。
 死霊がどっかに行くまで、腹ごしらえでもして
 時間を潰そうかと思ったんだが・・・・・・
 魚のスープってのは、なかなか臭みがとれねぇな。
 そうだ、確か漂着した船で「東方のスパイス」を見かけたな。
 あんた、ちょっと持ってきてくれよ。
 飯ができたらわけてやっからさ。」
エラピ・タロピに東方のスパイスを渡す
エラピ・タロピ
「おう、待ってたぜ!
 早く渡してくれよ、魚が煮崩れちまう。」
(東方のスパイスを渡す)
エラピ・タロピ
「そうそう、ありがとよ!
 こいつを使えば、どんな魚も・・・・・・
 ・・・・・・うえッ、生臭ぇ!!
 このスパイス、長年海水に浸かってたんだろうな。
 完全に腐っちまってやがるぜ。
 あーあ、せっかく料理した魚がパアだ。
 小銭稼ぎのつもりでこの島に来たってのに、
 食費や何やらで大銭をなくしそうだぜ・・・・・・。」
  東方のスパイス:東方地域から輸入されたスパイス