波間よりいずる者

波間よりいずる者

  • 依頼主 :ダヴィッド(西ラノシア X16-Y30)
  • 受注条件:レベル42~
  • 概要  :シリウス大灯台のダヴィッドは、冒険者に頼みたいことがあるようだ。

ダヴィッド
「現在、この「シリウス大灯台」は閉鎖中なんだ。
 霊災前は地脈から噴き出すエーテルを使って発光させる、
 当時、最新鋭の灯台だったんだけど・・・・・・。
 第七霊災のとき、火の玉が直撃してな。
 その衝撃でエーテルが不安定な形で固まっちまった。
 内部は崩壊の危険もあるから、立ち入り禁止になってるんだ。
 どうしても偏属性クリスタルが欲しいなら、
 俺が採ってきてやってもいいけど・・・・・・。
 その前に、俺の頼みを聞いてくれないか?
 この「幻影諸島」で幽霊が出るという噂は聞いてるだろう?
 ・・・・・・話が独り歩きしているようだが、
 実は、あれは幽霊ではなくて魔物なんだ。
 ・・・・・・夜になると浜辺から
 得体の知れない魔物が現れ、あちこちを徘徊するのさ・・・・・・。
 幽霊が出るって噂が広まっても仕方ない状況だよ。
 おかげで、技師たちが寄りつかず、一向に修理が進まないんだ。
 幸い、このバカでかい偏属性クリスタルの輝きが、
 灯台の役目を果たしているけどね。
 冒険者の君に、この魔物の調査をしてもらいたいんだ。
 ・・・・・・冒険者から目撃情報を得られるかもしれない。
 まずは彼らの話を聞いてみてくれ。」
幻影諸島の冒険者と話す
エラピ・タロピ
「南の「船の墓場」って呼ばれてる海岸には、
 夜になると幽霊が出るんだ・・・・・・!
 俺はこの目で見たんだからな! 思い出すと怖ぇぜ・・・・・・。」
アルドウヴィル
「霊災以降に潮の流れが変わったらしく、
 島に難破船が漂着するようになった。
 そしてついた地名が「船の墓場」・・・・・・薄気味悪いぜ。」
ルイス
「「船の墓場」に行くと、歌声が聞こえるらしい。
 それはそれは美しい、素晴らしい歌声・・・・・・。
 歌を聞いた者は憑り殺され、幽霊にされちまうって話だぜ・・・・・・。」
ダヴィッドに報告
ダヴィッド
「「船の墓場」で聞こえる歌声・・・・・・?
 では、この島に魔物が溢れているのは、
 その「歌声」が元凶だっていうのか・・・・・・?」