横流し疑惑


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

横流し疑惑

  • 依頼主 :シュテールヴィルン(中央ラノシア X25-Y17)
  • 受注条件:レベル8~
  • 概要  :サマーフォード庄のシュテールヴィルンは、農作物の横流しを未然に防ぎ、ラザグラン関門へ納品したいようだ。

シュテールヴィルン
「お前を見込んで、折り入って頼みがある。
 ラザグラン関門へ納品する予定の農作物を
 例の赤帽野郎セブリンが、ゴブリンへ横流ししてるようでな。
 ちょうど今さっき、ヤツが出ていったのでな、
 後を追って、ヤツを「問い詰め」てみてくれ。
 ヤツから「オレンジの入った麻袋」を取り戻し、
 ラザグラン関門へ配達してほしい。」
セヴリンに「問い詰める」をする
セブリン
「まずい、助けを呼ぶか・・・・・・」
(問い詰める)
セヴリン
「「オレンジの入った麻袋」は、どうしたかだと!?
 ちっ、シュテールヴィルンの爺さんの差し金か。
 俺が横流ししてるって、バレてたか・・・・・・。
 ふん、だが、今はそれどころじゃねえ!
 麻袋を返してほしくば、俺のダチ3人を助けろ。
 あそこの焚き火で、商談相手のゴブリンに襲われてんだ!」
セヴリン
「急いで、ダチを助けてくれ!
 そうすれば「オレンジの入った麻袋」は返してやるよ。」
セヴリンの仲間を救助
ソザイ・ラーザイ
「イテテ・・・・・・ありがとう。
 お腹さえすいてなきゃ、俺だって反撃できたのに・・・・・・。」
エイリムス
「ありがとよ、助かった。
 セヴリンが、あんたを寄こしてくれたのか。
 裏切りを誤解して、ヤツの腕をぶった切るつもりだったぜ。」
アイルメル
「ありがとよ・・・・・・
 セヴリンが俺を押しのけさえしなきゃ
 俺だって自慢の足で逃げきれたのに・・・・・・。」
セヴリンに報告
セヴリン
「皆、無事だったか・・・・・・。
 ダチを助けてくれて、恩に着るぜ・・・・・・。
 そもそも、俺がヤツらを守れれば・・・・・・。
 ヨソ者のお前は、命をかけたってのに俺ときたら・・・・・・クッ。
 約束どおり、その麻袋は返してやる。
 「ラザグラン関門」の「オシン」に届けてやれ、じゃあな。」
オレンジの入った麻袋をオシンに配達
オシン
「サマーフォード庄からの納品だって?
 おいおい、予定どおりじゃないか、珍しいこともあるもんだ。
 こりゃ嵐の前触れか・・・・・・!?」
(オレンジの入った麻袋を渡す)
オシン
「むむむ、納品数も間違ってない!
 なんだ君らも、やればできるんじゃないか。
 ・・・・・・おや、今日の配達係は赤帽じゃないのか、どうりで。
 とにかく今回は、ご苦労さん。
 次の配達も、この調子で頼むよ。
 それじゃあ、今回の代金を「シュテールヴィルン」へ届けてくれ。」
シュテールヴィルンに報告
シュテールヴィルン
「おお、無事に戻ったか、ご苦労だった。
 それで、結果はどうだったんだ?」
(硬貨の入った袋を渡す)
シュテールヴィルン
「麻袋を無事に届けてくれたようだな。ありがとよ。
 それにしても、セヴリンめ、
 取引相手のゴブリン族に襲われるとはな。
 仲間を裏切るようなマネをするから、ドジ踏むんだ・・・・・・。
 野良仕事になじめんのもわかるが、
 しょうもねぇ悪さばかりしやかって・・・・・・。
 お前も今後、ヤツの動向に注意を払っておいてくれ。」
  オレンジの入った麻袋:新鮮なラノシアオレンジがつまった麻袋
  硬貨の入った袋:納品したラノシアオレンジの代金