幻影諸島奇談

幻影諸島奇談

  • 依頼主 :シアーナ(西ラノシア X27-Y27)
  • 受注条件:レベル42~
  • 概要  :エールポートのシアーナは幽霊騒ぎについて調べたいようだ。

シアーナ
「幻影諸島の幽霊・・・・・・うう、まさかの展開!
 と、とにかく渡航制限がかかってるくらいだから、
 ただの噂話ってワケでもなさそうね・・・・・・。
 実は君が聞き込みしている間、
 私も町をブラブラしながら
 それとなーく調べてみたんだけど・・・・・・。
 「シリウス大灯台」に勤めていた、
 灯台守の「スキフリン」さんって人が、
 この街にいるらしいの。
 幽霊のことも、何か知ってるかもしれないわ・・・・・・。
 お願い、話を聞いてきてー!
 私、ほんとに苦手なのよー!」
スキフリンと話す
スキフリン
「歌が、聞こえるんだ・・・・・・。
 ラ、ラララ・・・・・・ララ、ラ・・・・・・歌う、歌・・・・・・うたが・・・・・・。
 耳から、離れなくて・・・・・・ララ・・・・・・耳が、はな、れ・・・・・・。
 これを、頼みが・・・・・・「ミミドア」さんに渡して・・・・・・。
 キラキラ・・・・・・キラキラ、きれいな、羽根・・・・・・。
 ・・・・・・美しい、歌声・・・・・・あの方の・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
 ・・・・・・。
 ・・・・・・・・・・・・。
 ・・・・・・助けてくれ、ミミドアさん・・・・・・。」
スキフリン
「ラ、ラララ・・・・・・ララ、ラ・・・・・・。
 キラキラ・・・・・・キラキラ・・・・・・。」
シアーナと話す
シアーナ
「スキフリンさん、どうだった?
 ・・・・・・何を言ってるか意味不明だったの? 何それ、怖ーっ!
 え、「ミミドア」って人へお使いを頼まれた?
 ミミドアさんって、あの鍛冶師の?
 知ってるも何も、さっきアイツにお尻を触られたのよっ!
 まだ桟橋あたりにいると思うわ、あのエロジジイ!」
ミミドアに黄金色の羽根を渡す
ミミドア
「・・・・・・わしが鍛冶師のミミドアじゃが?
 むう、もうちょいと大きな声で喋ってほしいぞい。
 わしは耳が悪いでな。」
(黄金色の羽根を渡す)
ミミドア
「これは・・・・・・!
 間違いないぞい、奴の羽根だぞい!
 ・・・・・・わしは破壊された「シリウス大灯台」の修復のため、
 リムサ・ロミンサから派遣された技師じゃぞい。
 それが例の幽霊騒ぎで、ほかの技師が逃げ帰ってしもうて、
 困っちゅったところじゃ。
 ・・・・・・まさか、おはんもあの島へ渡りたいのか?
 ・・・・・・だったら「幻影諸島」に渡るための、
 技師向けの「特別渡航許可証」をあげようかね。
 そのかわり、わしに力を貸してほしいぞい!!
 実は、幻影諸島では、ある異変が起きているんじゃぞい。
 それも、わしの手には余る問題・・・・・・
 そこで冒険者のおはんに、この件を解決してほしいぞい!
 まずは、島へ向かって、状況を見てくれんかの?
 わしも後で必ず駆けつけるぞい。」
ミミドア
「むむむ、やはり今度こそ、奴の仕業に違いないぞい。
 こいつは由々しき事態だぞい!」
シアーナに特別渡航許可証を渡す
シアーナ
「おそーい! 何してたの?
 もう、待ちくたびれちゃったよー。」
(特別渡航許可証を渡す)
シアーナ
「おやおや? 「特別渡航許可証」じゃん!
 やったね、これで幻影諸島に行けるよー!
 じゃ、気をつけて、いってらっしゃいー!
 ・・・・・・えー? わ、私も一緒に行くの?
 あ、あははは、う、嘘でしょ?
 いやーっ! 幽霊こわいーっ!」
  黄金色の羽根:美しく輝く黄金色の羽根
  特別渡航許可証:幻影諸島への特別渡航許可書