バーニングウォールを踏破せよ

バーニングウォールを踏破せよ

  • 依頼主 :ハハサコ(東ザナラーン X21-Y21)
  • 受注条件:レベル41~
  • 概要  :エーテル学者見習いハハサコは、相談に乗るかわりに仕事を頼みたいようだ。

ハハサコ
「エーテル研究の泰斗・・・・・・ランベルタン先生の
 門下生の中でも最高位の高弟、通称「零組」の一員!
 「研究室の暴れん坊」ハハサコったぁ俺のことよッ!!
 それにしても、いい頃合いに来たじゃぁねえか。
 ちょうど俺も自分の研究を進めるために、
 「偏属性クリスタル」を採石してぇと思ってたんだ。
 こっから東に広がるバーニングウォールは、
 第七霊災ん時の「メテオ」の落下地点に近ぇからな。
 地表に噴出した偏属性クリスタルがザックザクってぇわけよ。
 だが、おめぇが欲しがってんのは純度の高ぇクリスタルだ。
 バーニングウォール中央部に近ぇところでなけりゃ、
 拝むことぁできねぇ。
 この「採石用モール」を持っていきな。
 きっと良い塩梅に採石できるだろうぜ。
 ・・・・・・おっと「絶霊体の壺」も返さなきゃな。
 バーニングウォールへ行くにぁ、
 「バーガンディ滝」の洞窟を通ってけばいい。
 そんじゃ、ひとつ気ぃつけて行ってきな!」
ハハサコに重い絶霊体の壺を見せる
ハハサコ
「おう、どうだった?
 欲しがってたやつぁ、手に入ったかい?」
(重い絶霊体の壺を渡す)
ハハサコ
「おおっ、こいつぁなかなかの上物じゃねぇか!
 さっそく、ランベルタン先生に見せてこいよ!
 ・・・・・・さてと、俺も早く研究成果をまとめなけりゃぁな。」
ランベルタンに重い絶霊体の壺を渡す
ランベルタン
「はァン・・・・・・「偏属性クリスタル」を持ってきたのかい?
 どれどれ、見せて見せて! 早く早く!」
(重い絶霊体の壺を渡す)
ランベルタン
「・・・・・・ふゥゥむ、このクリスタルは、
 「土属性を火属性に変換するクリスタル」だねぇ。
 君が欲しいのは「風属性を火属性に換えるクリスタル」・・・・・・。
 これじゃ駄目だね~ざんね~ん! ン、まてよ?
 ・・・・・・このクリスタルを使えば・・・・・・
 つまり「土を火に換える」ワケだからして・・・・・・。
 ・・・・・・ならば「風を土に換える」クリスタルがあれば、
 万事解決するってことなんじゃないかな?
 ・・・・・・・・・・・・はァン、私ってやっぱり天才?
 ・・・・・・おや、話についてきてないの?
 ごめんごめん、ちょっとレヴェルが高かったかな?
 私の薄色の頭脳が活性化しすぎてしまった。ふゥ~。
 簡単に言うとね、手元に「土から火」があるなら、
 「風から土」のクリスタルをみつければ、
 2つを組み合わせて「風から火」にできるじゃないか!
 実は、さっき委員会から連絡があってねぇ。
 君が偏属性クリスタルを持ち帰ったのなら、
 グリダニアまで送るようにって言われているんだよね。
 はァン、さすがの私も研究資金を出してくださってる、
 バルデシオン委員会には頭が上がらないわぁ。ふゥ~。
 というわけで、このクリスタルはグリダニアへ送っておくね。
 ん~、君のクリスタルを探す旅は
 これからもまだまだ続くのだね。
 いいねぇ、なんだかとっても幻想的だねぇ~。ふゥ~。」
  採石用モール:偏属性クリスタル採石用の大金槌
  絶霊体の壺:内側に特殊な錬金薬を塗布した壺
  重い絶霊体の壺:偏属性クリスタルが納められた壺