戦慄の大魔獣

戦慄の大魔獣

  • 依頼主 :ムリズ(クルザス中央高地 X13-Y17)
  • 受注条件:レベル40~
  • 概要  :ホワイトブリム前哨地のムリズは、騎兵の救助を手伝う者を探しているようだ。

ムリズ
「友軍の偵察兵から、リンクパール通信で救援要請が届いた。
 どうやら吹雪に遭って道を誤り「ベヒーモスの縄張り」に
 迷いこんでしまったらしい。
 彼は体力の低下で身動きがとれんようだ。
 冒険者よ、この雪道を踏破する自信があるなら、
 この「救難用ブランデー」を彼に届けてくれないか?
 間違ってもベヒーモスとやり合おうなんて思うな。
 ・・・・・・奴は伝説の魔獣、お前などひとたまりもないぞ!」
遭難した騎兵に救難用ブランデーを渡す
遭難した騎兵
「こ、こんなところに・・・・・・なぜ冒険者が・・・・・・?
 無茶しやがって・・・・・・。
 ベヒーモスに感づかれたら・・・・・・どうする・・・・・・。」
(救難用ブランデーを渡す)
遭難した騎兵
「こ、これは・・・・・・ブランデーか・・・・・・。
 ありがたい、凍えきった体に染み渡る・・・・・・。
 これなら自力で帰還できるだろう。」
遭難した騎兵
「慣れた道だと思っていたが・・・・・・吹雪で視界を奪われてな。
 何にせよ、助かった・・・・・・礼を言う。
 ブランデーで体が温まったら、仲間をつれて帰るとするよ。」
ムリズに報告
ムリズ
「ご苦労だったな、冒険者。
 体さえ温まれば、何とか自力で戻れってこれるだろう。
 しかし、よりによって厄介な場所に迷いこんだものだ。
 ベヒーモスと戦って、あたら命を落とすわけにはいかんのだ。
 ・・・・・・騎兵の命は聖戦のために投げ打ってこそ、なのだからな。」
  救難用ブランデー:身体を温める効果がある蒸留酒