竜の力、戦いの歴史

竜の力、戦いの歴史

  • 依頼主 :ドリユモン(クルザス中央高地 X12-Y17)
  • 受注条件:レベル40~
  • 概要  :ホワイトブリム前哨地のドリユモンは、冒険者に偽のギイェームを捕らえる手伝いをしてほしいようだ。

ドリユモン
「ギイェームめ、まさか偽者だったとは・・・・・・。
 奴は、次の異端審問を行うと言って出かけていった。
 おそらく・・・・・・また罪なき神民の命を奪う気だ。
 奴が異端者ならば、ドラゴン族の力を使う可能性もある。
 それでも、応援を要請している場合ではない・・・・・・!
 頼む、私と共に「スノークローク大氷壁」へ赴き、
 偽りの異端審問を止めてくれ!」
デュランデル家の騎兵と話す
デュランデル家の騎兵
「間もなく、ドリユモン隊長も到着します!
 奴を取り押さえる準備はいいですか?」
ギイェーム
「恐れることはありません。
 アナタが無実の徒であるならば、魂は神に救われましょう。
 ですが、もしも神に背いていれば・・・・・・。」
問い詰められた調査員
「ち、違います!
 私は異端なんかじゃ・・・・・・ハルオーネ様の教えを信じて・・・・・・!」
ドリユモン
「そこまでだ、ギイェーーームッ!!!」
ギイェーム
「これは、ドリユモン卿・・・・・・。
 そのように声を荒らげて、いったい何事です?」
ドリユモン
「茶番は終わりだ。
 我々はお前の策略に、踊らされていた・・・・・・
 だが、この聡い冒険者がすべてを見破ったのだ!
 異端者が異端審問官を名乗るとは、なんと罪深い!
 イシュガルドの民の使命を棄て、
 ドラゴン族に与する悪党よ・・・・・・お前を制裁するッ!」
ギイェーム
「イシュガルドの民の使命、ですか・・・・・・。
 くくく・・・・・・はは・・・・・・はははははははははッ・・・・・・!
 貴様らは何年それを続けてきた!?
 子に、孫に、いつまで不毛な宿命を負わせるつもりだ!
 慣習に縛られ、道を模索することもなく、
 この国はとうに腐りはてた。
 なればこそ、我が手で、竜の牙で、変革を起こすのだ!!
 来い、騎士ども! そして無謀な冒険者よ!
 貴様らが恐れる竜の力で、八つ裂きにしてくれるッ!」
ギイェームたちを倒せ!
篤実のドリユモン
「ついに本性を現したな。
 罪咎の制裁、受けてもらうぞ!」
異端狩りのギイェーム
「それが愚かなのだ・・・・・・。
 人の無力さ、思い知らせてやろう。」
篤実のドリユモン
「観念しろ、竜の眷属など我らの敵ではないッ!」
異端狩りのギイェーム
「浅い・・・・・・浅い、浅いッ! 貴様らは何もかもが浅すぎるッ!
 人は決してドラゴンに敵わぬ!
 この戦いが、いかに無意味なものか教えてやろう!
 竜より授かりし力・・・・・・「ドラゴンブラッド」によってッ!!」
竜人のギイェーム
「ギギギ、グググッ・・・・・・グオォォォォォ!
 ・・・・・・さあ・・・・・・この力に・・・・・・抗ってみるがいい・・・・・・!」
篤実のドリユモン
「竜の眷属に姿を変えた!?
 異端の術か・・・・・・気をつけろ、冒険者!」
竜人のギイェーム
「クッ・・・・・・なぜ・・・・・・諦めぬ・・・・・・!?」
篤実のドリユモン
「なめるなよ・・・・・・我々の力を! 戦いの歴史を!」
竜人のギイェーム
「ググ・・・・・・ガァッ・・・・・・貴様ら如きにィィィ!」
(失敗時)
デュランデル家の騎兵
「屈辱ッ・・・・・・異端者ごときに・・・・・・!」
デュランデル家の騎兵
「あとは頼みます・・・・・・奴を、必ず・・・・・・。」
篤実のドリユモン
「くっ・・・・・・騎士が無力を、認めるわけには・・・・・・。」
ギイェーム
「ウ・・・・・・ぐ、ガァ・・・・・・ッ!
 ドラゴン族の・・・・・・チカラ、が・・・・・・ッ・・・・・・!」
ドリユモン
「ここまでだ、名も知れぬ異端者よ・・・・・・。」
ギイェーム
「ぐ・・・・・・はぁ・・・・・・はぁ・・・・・・。
 アインハルト家の力は衰え・・・・・・名家の均衡は、崩れた・・・・・・
 混乱が起きる・・・・・・十分・・・・・・だろう・・・・・・。
 冒険者よ・・・・・・貴様だけは・・・・・・想定外だった・・・・・・。
 やはり、騎士などより・・・・・・よほど恐ろしいな・・・・・・
 外の・・・・・・者は・・・・・・・・・・・・。
 ・・・・・・忘れるな・・・・・・・・・・・・。
 竜の牙は・・・・・・いつでも貴様らの、腐った喉元に・・・・・・。」
ドリユモン
「今は不毛に思えようとも、いつか必ずドラゴン族を滅ぼす。
 流れた同志の血と、都市民の涙に報いることができるのは、
 我らの剣だけなのだ・・・・・・。
 すまない、冒険者よ。
 これは我らの都市の問題、お前が気にすることでは・・・・・・
 いや、もはや意固地になる意味もない。
 ホワイトブリム前哨地に戻り、
 お前の仲間も交えて話すとしよう。
 我らが抱える問題と、
 お前たちの飛空艇「エンタープライズ」の話だ。」
アルフィノに報告
アルフィノ
「偽の異端審問官を討ったのか!
 これで、問題もひと段落というわけだな・・・・・・。
 飛空艇の捜索が簡単だとは思っていなかったが、
 まさか、これほど苦労しようとは。
 イシュガルドの抱える闇、推して知るべしか・・・・・・。
 ともかく、お前の活躍でここまで漕ぎ着けたのだ。
 飛空艇「エンタープライズ」は、もう目前だぞ!」