吹雪の夜の追想

吹雪の夜の追想

  • 依頼主 :アルフィノ(クルザス中央高地 X12-Y16)
  • 受注条件:レベル40~
  • 概要  :アルフィノは冒険者に、偽者のギイェームを追い詰める手助けをしてほしいようだ。

アルフィノ
「異端審問官の正体は、おおよそ明らかになった。
 問題は、これをどうやってドリユモン卿に信じさせるかだ。
 なにせ、四大名家からの紹介状すら通らなかったのだ。
 任命書だけでは、決め手に欠けるだろう・・・・・・。
 しかし、打つ手がないわけではない。
 クルザスを巡る旅の中で、
 君は何度も、あの異端審問官と関わってきたはず。
 さあ、最後の欠片を埋めようじゃないか。
 そうだな、任命書がドリユモン卿に効かずとも、
 例の負傷兵ならどうだろうか?
 飛空艇「エンタープライズ」と、
 その先に待ち構える蛮神「ガルーダ」。
 ・・・・・・もうすぐだ、気合いを入れよう。」
ジョエローに血塗られた書簡を見せる
ジョエロー
「ああ、この前の冒険者じゃないか。
 また雑談でも?」
(血塗られた書簡を渡す)
ジョエロー
「異端審問官様が偽者?
 おいおい、俺は本人の顔を見てるんだぜ?
 そんなわけ・・・・・・。
 ・・・・・・いや、たしかに、見たのは着任当夜だけだ。
 この病院に入れられてから、
 俺は一度も異端審問官様に会ってない・・・・・・だからって!
 俺の記憶が信じられないなら、広場を警備してる
 「プルニヤ」って女騎兵に聞いてみればいい!
 あの日の夜番は・・・・・・俺と彼女だったんだ。」
プルニヤに血塗られた書簡を見せる
プルニヤ
「あなたは・・・・・・!
 な、何の用ですか。
 よそ者にお話しすることなんてありません。」
(血塗られた書簡を渡す)
プルニヤ
「・・・・・・・・・・・・!
 そ、そんな汚れた紙切れ知りません!
 私は何も知らないんです・・・・・・ッ!」
プルニヤに「問い詰める」をする
プルニヤ
「近寄らないでください・・・・・・。
 わ、私はデュランデル家の騎兵ですから・・・・・・。
 ・・・・・・でも「問い詰め」られでもしたら、ううっ。」
(問い詰める)
プルニヤ
「ああ、ううっ・・・・・・!
 すべて・・・・・・ご存じなのですね・・・・・・。
 ・・・・・・あなたの言うとおり、あの異端審問官は偽者です。
 私たちは、あの夜、本物が殺されるのを見てしまいました。
 ジョエローの記憶は混乱しているみたいだけど、
 彼の怪我、本当はあいつのドラゴンにやられたんです。
 あいつ・・・・・・偽の審問官こそが「異端者」だから・・・・・・。
 私は、従わなければジョエローを殺すと言われ、
 偽の審問官に言われるまま「竜眼の祈鎖」を撒きました。
 でも、アインハルト家のご子息に嫌疑がかかって怖くなった。
 だから、誰かが真実に気付くようにと、
 鎖を手当たり次第に荷物へ・・・・・・!
 ごめんなさい・・・・・・本当に、ごめんなさい・・・・・・!
 残りの祈鎖は、南東の岩の隙間に隠してあります。
 ドリユモン隊長に見せ、私を・・・・・・裁いてください・・・・・・。」
プルニヤ
「彼に生きていてほしかった・・・・・・。
 でも、神を裏切るべきではなかったんです。
 私の魂は穢れてしまった・・・・・・ああ・・・・・・。」
ドリユモンに集めた証拠を渡す
ドリユモン
「私に告発したいことがある?
 ・・・・・・悪あがきに付きあうつもりはないぞ。」
(血塗られた書簡と竜眼の祈鎖を渡す)
ドリユモン
「これは・・・・・・!
 お前は、ギイェームが偽の異端審問官だというのか!?
 とても信じられん・・・・・・!
 だがしかし、これらの証拠はたしかに・・・・・・
 ああ、私はなんという過ちを・・・・・・!
 冒険者よ、これまでの非礼は後で必ずお詫びしよう。
 だがまずは、これ以上の惨事を避けなければ・・・・・・
 どうか力を貸してほしい。」
  血塗られた書簡:教皇庁章が入った異端審問官の任命書
  竜眼の祈鎖:ドラゴン族に与する異端者の証