沈黙する真実


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

沈黙する真実

  • 依頼主 :アルフィノ(クルザス中央高地 X12-Y16)
  • 受注条件:レベル40~
  • 概要  :アルフィノは冒険者に、異端審問官のギイェームを追い詰める手助けをしてほしいようだ。

アルフィノ
「君が得た証言によると、着任した異端審問官は、
 任も早々に基地の裏手に行ったということだが・・・・・・
 衛士の制止も聞かず、慌てて為すこととは思えない。
 しかも、彼が着任した夜は吹雪・・・・・・。
 この地の天候事情を鑑みれば、
 その行動は、正気の沙汰ではない。
 ・・・・・・異端審問官が向かった裏手とは、恐らく東門の先だ。
 私がここで観察していたかぎり、あちらは人通りがなく、
 秘密が潜むのに最適だ。調査を頼むぞ。 」
アルフィノに血塗られた書簡を渡す
アルフィノ
「手がかりは見つかったかい?
 もう振り出しに戻ってはいられない・・・・・・頼んだよ。」
(血塗られた書簡を渡す)
アルフィノ
「・・・・・・なるほど、決定的だな。
 雪に埋もれた異端審問官の死体と、
 血塗られた書簡・・・・・・これには何て書いてあると思う?
 異端審問官ギイェームを、
 ホワイトブリム前哨地に配属する・・・・・・だそうだ。
 もっとも、本物は1日たりとも働けなかったようだけどね。
 あのギイェームは偽者だよ。
 着任した本物のギイェームを呼び出して殺し、
 彼になりすました・・・・・・というところだろうね。
 フフ・・・・・・罪なき民を消して隠すことはできても、
 君の前では、真相を隠せなかったようだね。
 さあ、仕上げといこう、Niuniu!」
  血塗られた書簡:教皇庁章が入った異端審問官の任命書