戦場を圧する斧術士

戦場を圧する斧術士

  • 依頼主 :斧術士ギルド受付 ブラウトータ(リムサ・ロミンサ:上甲板層 X11-Y6)
  • 受注条件:斧術士レベル1~
  • 概要  :斧術師ギルドの受付ブラウトータは、ギルドへの入門手続きをするにあたって、冒険者の心を確かめようとしているようだ。

斧術士ギルド受付 ブラウトータ
「おう、「斧術士ギルド」に入る心は決まったのかい?」
(いいえ)
斧術士ギルド受付 ブラウトータ
「そうか、少々残念だが、仕方あるまい。
 君には君の進んでいる道があり、
 それがまだ、斧術士ギルドと交わらなかったというだけだ。」
(はい)
斧術士ギルド受付 ブラウトータ
「了解した、君の入門を歓迎する。
 では早速、斧術士ギルドのギルドマスターを紹介しよう。
 厳つい顔をしているから、取っつき難いかもしれんが・・・・・・。
 斧術士ギルドのギルドマスターは
 この部屋の中央部におられる「ヴィルンズーン」師だ。
 さあ、準備が整ったら、彼に話しかけてみてくれ。」
ヴィルンズーンと話す
ヴィルンズーン
「俺の名はヴィルンズーン。
 斧術士ギルドの、ギルドマスターを務める者だ。
 よく来てくれた、お前の入門を歓迎しよう。
 ・・・・・・斧術とは、砕き、断ち切り、破壊するための術。
 敵をただ倒すだけではなく、
 文字通り「圧倒」するための戦闘術だ。
 誰よりも強い力を振るい、誰よりも長く戦場に立ち続け、
 そして誰よりも多くの敵を倒す・・・・・・、
 斧術士とは、戦場でそんな務めを背負う者なのだ。
 ゆえに、問おう。
 お前は我が斧術士ギルドに入門し、
 斧術士の道を究めるつもりがあるのか?」
(斧術師ギルドに入門するか?)
(いいえ)
ヴィルンズーン
「・・・・・・俺の見込み違いであったか?
 まぁ、良かろう。
 こちらとしては、強制するつもりはないのでな。」
(はい)
ヴィルンズーン
「そうか・・・・・・今の決意を、ゆめゆめ忘れるな。
 斧術士の道は、ひとつとして安易なことなどない。
 時には傷つき、倒れることもあろう。そのことを心せよ。
 では・・・・・・斧術士ギルドの長として、
 お前に最初の試練を与える。
 リムサ・ロミンサの周辺をうろつく魔物どもを退治せよ。
 これは、民たちの安寧のためでもある。
 標的は「ラット」、「シープ」、そして「レディバグ」だ。
 それぞれ3体ずつ、倒してみせよ。」
斧術師ギルドのヴィルンズーンに報告
ヴィルンズーン
「よくぞ戻ってきた。
 首尾よく、魔物を討ち果たすことができたようだな。
 お前には、まだまだ足らないものがある。
 今後、お前はその足らないものを学び、
 補い、そして身に付けなくてはならない。
 この「討伐手帳」をお前に与えよう。
 これには、斧術の訓練において適した相手が記されている。
 もちろん、鍛錬の方法はこれひとつではないが・・・・・・
 迷ったときは、この手帳がお前の一助となるだろう。
 斧を振った回数が、そして流した汗こそが、
 斧術という道を進んでいくための道を作る。
 一歩ずつ、踏みしめるようにして進んでいくのだ。」