自然を紡ぐ幻術士

自然を紡ぐ幻術士

  • 依頼主 :幻術士ギルド受付 マデル(グリダニア:旧市街 X6-Y11)
  • 受注条件:幻術士レベル1~
  • 概要  :幻術士ギルドの受付、マデルは、ギルドへの入門手続きをするにあたって、冒険者の決意を確かめようとしているようだ。

幻術士ギルド受付 マデル
「・・・・・・いかがでしょう、
 「幻術士ギルド」へ入門するお心は決まりましたか?」
(いいえ)
幻術士ギルド受付 マデル
「まだお時間が必要なようですね。
 ご心配なさらず、ゆっくりお考えください。
 あなたの心が定まらねば、
 自然を理解し、幻術を操ることはできないでしょう。
 決心が固まった時、また声をおかけください。」
(はい)
幻術士ギルド受付 マデル
「かしこまりました。
 それでは、我が幻術士ギルドのギルドマスター
 「エ・スミ・ヤン」様をご紹介いたします。
 エ・スミ・ヤン様は、
 幻術士ギルドマスターであると同時に、
 この都市を導く「道士」の一人であらせられます。
 さあ、あなたの意思を、
 エ・スミ・ヤン様にお伝えするのです。
 どうぞ、奥の瞑想修行場へお進みください。」
幻術士ギルドのエ・スミ・ヤンと話す
エ・スミ・ヤン
「冒険者、よく来ました。
 幻術士ギルドへの入門を希望されるのですね。
 私はエ・スミ・ヤン。
 ここ幻術士ギルドのギルドマスターです。
 我がギルドへあなたをお迎えする前に、
 まず「幻術」という術について、お話しさせてください。
 幻術とは、生命に働きかける魔法といえます。
 主に傷の治癒や、肉体の守護といった効果を発揮します。
 いくさに出ることの多い、あなたのような冒険者であれば、
 「癒やし手」として、群を抜いた力が発揮できるでしょう。
 ですが、幻術の力は、それだけに留まりません。
 土、風、水といった自然の属性の力を借り、
 破壊的な現象を起こし、攻撃を行うこともできます。
 単純な威力でいえば、破壊的な魔法を得意とする
 呪術に対して一歩劣りますが、自分と同程度の敵から
 身を守る手段としては、申し分ないものでしょう。
 熟達した幻術士は、治癒と浄化の力を極め、
 毒などでもがき苦しむ者を救うことはもちろん、
 傷つき地に伏した者さえも再び立ち上がらせるのです。
 単なる癒し手でも、破壊者でもない。
 魔法を駆使して友を補佐し、その力を最大限に引き出す、
 これぞ幻術士の神髄といえましょう。
 ・・・・・・少々、難しかったかもしれませんね。
 今すべてを理解できずとも構いません。
 幻術士ならば必ず、知る時が来る・・・・・・。
 幻術とは、決してあなたのためだけに
 存在する力ではないということを・・・・・・。
 あなたが「幻術士ギルド」に入門を望まれるのでしたら、
 自然を知り、受け入れる努力を怠らぬと、
 約束していただけるでしょうか?」
(自然を知ることを約束する?)
(いいえ)
エ・スミ・ヤン
「そうですか・・・・・・。
 まだ、心の準備が整っておられぬのですね。
 心が整わぬうちに、自然の力を借りることはできません。
 あなたの心の支度ができましたら、声をおかけください。
 お待ちしております。」
(はい)
エ・スミ・ヤン
「・・・・・・あなたの答え、確かに聞かせていただきました。
 私エ・スミ・ヤンは、今この時をもって、
 冒険者Nikuqを、
 「幻術士ギルド」へお迎えします。
 では、さっそくですが、
 幻術士ギルドの幻術士となったあなたに
 ひとつ、務めを課したいと思います。
 都市のほど近くに生息する魔物、
 「スクウィレル」、「レディバグ」、そして、
 「フォレストファンガー」を3体ずつ討伐してください。
 かつて、森の一部であった魔物たちは今、
 霊災の影響を受け、望まずして森を傷つけている・・・・・・。
 自然のために、これらを鎮めるのも幻術士の務め。
 実際に魔力を放つことで「幻術」を知ることも
 できましょう。
 さあ、お行きなさい、
 「幻術士」Nikuq。
 ギルドの一員として、あなたの役目を果たすのです。」
幻術士ギルドのエ・スミ・ヤンと話す
エ・スミ・ヤン
「おかえりなさい、Nikuq。
 無事、務めを果たしたようですね。
 それは、あなたがひとりの幻術士として、
 自然を見、知ることができたということ。
 あなたは、幻術士としての一歩を踏み出したのです。
 ・・・・・・癒し、加護、時には、破壊。
 幻術において、それらの根本は総じて等しい。
 それは、私たちを取り巻き、構成するものを理解し、
 それぞれの持つ力を借りることで
 術士の望む「在り様」を作り出すということ。
 ・・・・・・ふふ。
 こう説くと、皆、そのような表情をするものです。
 大丈夫、今すべてを理解する必要はありません。
 まずは、ひとりの幻術士として、
 あなたを取り巻くものに触れることから始めましょうか。
 この「討伐手帳」を渡します。
 この手帳には、幻術の鍛錬に適した相手が記されている。
 鍛錬の方法は人それぞれですが、
 もしも迷うことがあれば、参考にするとよいでしょう。
 さあ、目をお開けなさい。大きく息を吸いなさい。
 あまねく無数の生命を感じなさい。
 杖をとり、あなたの魔力を紡ぐのです。
 幻術士として自然を感じることに慣れたころ、
 再びこのギルドを訪れなさい。
 その時を、お待ちしていますよ。」