新作のアイデア

新作のアイデア

  • 依頼主 :ヒヒヤジャ(中央ザナラーン X22-Y26)
  • 受注条件:レベル7~
  • 概要  :王立ナナモ菜園の農夫ヒヒヤジャが、酒房「コッファー&コフィン」のウォウォバルに、「オロボンの白身」を届けてみたらどうかと提案している。

ヒヒヤジャ
「あんた、冒険者なら仕事を探しているだろう?
 この先にある酒房「コッファー&コフィン」に行くといい。
 そこにウォウォバルっていう調理人がいるんだけどなぁ、
 そいつが新しい魚料理に挑戦中らしいんだわ。
 俺は畑のもんだから、魚のことは詳しくないんだけどなぁ、
 オロボンってのは美味そうだなぁーって思ってたんだ。
 オロボンなら近くの川にたくさんいるからさ、
 「オロボンの白身」を4つばかりもってってやれば、
 ウォウォバルは喜ぶんじゃねぇかなぁ。」
ウォウォバルにオロボンの白身を渡す
ウォウォバル
「うーむ、魚、魚・・・・・・。
 なにか手頃な魚料理はできないもんかなぁ・・・・・・。」
(オロボンの白身を渡す)
ウォウォバル
「こ、これは「オロボンの白身」・・・・・・!?
 僕が魚料理を開発中って知ってたんですね!
 ふーむ、この艶やかな白身・・・・・・。
 塩を振ってソテーにして、レモンをかければ
 サッパリとしたつまみの一品になりそうだ・・・・・・じゅるり。
 いやー、この辺りではあまり魚類が捕れないものですから、
 とても助かりましたよ、ありがとう!」
  オロボンの白身:オロボンの柔らかくて肉厚の白身