猛者の風格


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

猛者の風格

  • 依頼主 :シュテールヴィルン(中央ラノシア X25-Y17)
  • 受注条件:レベル5~
  • 概要  :サマーフォード庄を取り仕切るシュテールヴィルンは、冒険者に仕事を任せるにあたって、適切な装備をしているか、確認したいようだ。

シュテールヴィルン
「さっそく仕事を頼みてえところだが・・・・・・
 海賊上がりの農夫たちを相手にするにゃ、
 まずは「装備」を整えてもらう必要がある。
 お前が相手するのは、かつて海で暴れてた連中だ。
 十分な「装備」でないと、奴らにナメられて
 話もロクに聞いてもらえんだろうからな。
 わしが、お前の装備を確認してやるから、
 十分な強度の装備を装着したら、声をかけろ。」
シュテールヴィルンに装備を見せる
(条件未達成)
シュテールヴィルン
「・・・・・・悪いが、その装備じゃ、まだ甘い。
 もっと頑丈なのを身につけねえとな。」
シュテールヴィルン
「どうだ、装備はそろったか?
 ・・・・・・ほほう、立派じゃねえか。
 その装備なら、こっちも安心して仕事を任せられる。
 海賊上がりの農夫は、慣れない野良仕事に
 不満を抱えてる奴が多くてな。
 すぐキレて、拳が出ちまうのさ。
 だが、今のお前なら大丈夫だろう。
 ・・・・・・これから、頼りにさせてもらうぞ。」