獄中の異端者

獄中の異端者

  • 依頼主 :ボイル(クルザス中央高地 X12-Y15)
  • 受注条件:レベル39~
  • 概要  :ホワイトブリム前哨地の異端者ボイルは、ドラゴン族に祈りを捧げたいようだ。

ボイル
「ヒハハハハハハハハ!
 ドラゴン族こそ至上、ドラゴン族こそ我が主!
 愚民どもよ、偉大なるドラゴン様を畏れよ、讃えよ!
 そこなる愚民、ドラゴン様への供物を持てい!
 卑しき騎兵「フェルディエ」に命じれば、
 何かしら差しだすであろうよ!」
フェルディエと話す
フェルディエ
「・・・・・・ボイルの奴から、ドラゴン族への供物を要求されたって?
 あの異端野郎は、随分前から正気を失ってるんだ。
 まともに相手するな。
 この「ラットの死骸」でもくれてやるといいさ。
 泣いて喜んで、ドラゴン様に献上するだろうよ。」
ボイルにラットの死骸を渡す
ボイル
「さあ愚民よ、悔い改めるのだ。
 ドラゴン様への供物をここに差しだすがよい!」
(ラットの死骸を渡す)
ボイル
「おお、すばらしい!
 なんとかぐわしき血の臭いか。
 ドラゴン様、どうぞお受け取りください!
 ・・・・・・フッ、フヒッ、フヒヒヒヒヒ!
 クケケケケケケケケケケ・・・・・・。」
フェルディエに報告
フェルディエ
「はあ・・・・・・暴れるよりはいいが、面倒くさい奴だぜ。
 これに懲りたら、異端者には近づくなよ。
 あんたにまで異端者の嫌疑がかかるぜ。」
  ラットの死骸:薄汚いラットの死体