野戦病院の蒸留器

野戦病院の蒸留器

  • 依頼主 :シド(クルザス中央高地 X13-Y15)
  • 受注条件:レベル39~
  • 概要  :野戦病院にいるシドは、冒険者に協力してほしいことがあるようだ。

シド
「ああ、お前か・・・・・・。
 俺にできることはないかと思って、
 ここで調薬用の蒸留器の修理を手伝っていたんだ。
 ・・・・・・道具の直し方は、はっきりわかるというのに、
 エンタープライズでここへ来たことも思い出せない・・・・・・
 もどかしいな。
 飛空艇を取り戻すことに繋がると信じて、お前に頼みがある。
 「アイススプライト」を倒して、
 「アイススプライトの核」を6つ集めてきてくれないか?
 蒸留器を使いやすく改造してやろうと思ったが、
 この寒さでは、すぐに凍りついてしまうからな・・・・・・。
 アイススプライトの力を、凍結防止に利用するんだ。」
シドにアイススプライトの核を渡す
シド
「「アイススプライトの核」は集まったか?
 それがあれば作業は終わる。
 大改造は、無性にたぎるな・・・・・・ふぅ・・・・・・。」
(アイススプライトの核を渡す)
セノタ
「院長~!?
 うちの蒸留器が、何だかよくわからないけど、
 スッゴイことになってますー!?」
アスティディアン
「ええ・・・・・・使い方すらわかりませんが、
 スッゴイことになっていますね・・・・・・。
 こんな技術、イシュガルドでは見たことがありません・・・・・・!」
セノタ
「この人たち、スッゴイ献身的だって話題なんですよぅ!
 わたしも差し入れを届けてもらったし・・・・・・
 ドリユモン卿に、信頼できる人だってオススメしません!?」
アスティディアン
「うーん・・・・・・そうですね・・・・・・。」
ギイェーム
「オヤオヤ・・・・・・ずいぶん地道な活動をしているのですね。
 いけませんよ、無垢な民をたぶらかすのは。
 この冒険者は、異端嫌疑者をかばい、審問の邪魔をした。
 そんな人物を信じていいのか・・・・・・
 神民の誇りをもって、考えてみなさい。」
アスティディアン
「なんと、そんな危険人物だったとは!
 スッゴイ技術を前に、冷静さを欠いていたようですね・・・・・・。
 ありがとうございます、異端審問官様。」
シド
「くっ・・・・・・あと一歩だったってのに!
 あいつは、俺たちに恨みでもあるのか!?
 あの異端審問官がいるかぎり、らちが明かない・・・・・・。
 ・・・・・・何か、対策を立てる必要があるだろう。」
  アイススプライトの核:アイススプライトから採取した核