炊事場最前線

炊事場最前線

  • 依頼主 :オストゥフォル(クルザス中央高地 X12-Y17)
  • 受注条件:レベル39~
  • 概要  :ホワイトブリム前哨地のオストゥフォルは、冒険者に獲ってきてほしいものがあるようだ。

オストゥフォル
「うーん、冒険者か。
 あとで上から怒られそうだが、致し方ないね。
 僕に手を貸してくれないか?
 この雪のせいで、都からの食料物資が遅れてるんだ。
 騎兵たちの腹はおかまいなしに減るものだから、
 どうにか食料を集めたくてさ。
 南東の洞窟「聖ダナフェンの旅程」の泉に、
 「スポテッド・マッドパピー」がいる。
 こいつの肉を調達してほしいんだ。
 問題なのは、やたらと皮膚が硬いこと・・・・・・。
 皮をやわらかくする「クルザスビネガー」を使って、
 ブニュッと仕留めてくれないか?」
オストゥフォルにマッドパピーの尾肉を渡す
オストゥフォル
「「スポテッド・マッドパピー」の肉は手に入ったかい?
 あいつの肉は食感がよくてね、
 火を通せば鶏肉だって言い張れるんだよ。」
(マッドパピーの尾肉を渡す)
オストゥフォル
「バッチリだ、さっそく調理するから、
 腹ペコな騎兵たちに配ってきてくれないかい?
 食堂と兵舎、あわせて3人分だ。」
騎兵にパピーステーキを渡す
テオフィラン
「ああっ、空腹のあまりめまいが・・・・・・ッ!
 冒険者にねだるなんて、はしたない・・・・・・ッ!
 でも、もう我慢できませんーーーッ!」
(パピーステーキを渡す)
テオフィラン
「至福ーーーッ!
 ふがいない他家の分まで働いているのですから、
 お食事も、その分いただきませんと!」
オンブリヌ
「おなかすいたぁ・・・・・・。
 鉄臭い鎧をきて、鉄兜の男たちと戦場をかける日々・・・・・・
 せめてご飯くらいは、満足に食べたいわよねぇ。」
(パピーステーキを渡す)
オンブリヌ
「あなたが遅れてた物資を取ってきてくれたの!?
 気が利くわね! とっても美味しそうだわ、この鶏肉!」
イニュモルテル
「今日も今日とて、砦奪還のために槍を振るう日々!
 我輩は、とってもお疲れなのである!
 食事を所望するのである!」
(パピーステーキを渡す)
イニュモルテル
「ムッ、ご苦労!
 アインハルト家を助けるのは、強豪デュランデル家の使命!
 軟派者フォルタン家になど、任せられんからな!」
オストゥフォルに報告
オストゥフォル
「ご苦労さま、配膳は済んだようだね。
 彼ら、最近はいつもあんな調子さ・・・・・・
 砦の奪還が思うように進んでないみたいでね。
 最後にもう一皿、野戦病院の「セノタ」にも
 料理を届けてやってくれるかい?
 怪我人の相手ばかりで、休憩を忘れてるだろうからさ。」
セノタにパピーステーキを渡す
セノタ
「は、はひぃっ!?
 ぼぼぼ、冒険者さんの治療ですか!?
 いいのかな・・・・・・院長様に怒られたりしないかな・・・・・・!?」
(パピーステーキを渡す)
セノタ
「わ、わたしに差し入れですか!?
 そういえば、ずーっと何も食べてませんでした・・・・・・!
 冒険者さんって・・・・・・さては良い人ですね!?
 ありがとうございます、お食事、おいしくいただきます!」
  クルザスビネガー:クルザス産のリンゴから作られた酢
  マッドパピーの尾肉:スポテッド・マッドパピーの弾力ある尾肉
  パピーステーキ:弾力のあるマッドパピーの尾肉を豪快に焼きあげた料理