守護天節とリムサ・ロミンサのおかしな一座

守護天節とリムサ・ロミンサのおかしな一座

  • 依頼主 :ダンチョー(リムサ・ロミンサ:上甲板層 X11-Y13)
  • 受注条件:エオルゼア時間:18:00~6:00、レベル15~
  • 概要  :リムサ・ロミンサのダンチョーは、次なる遊びについて悩んでいるようだ。

ダンチョー
「お菓子集めやランタン探しが、こんなに早く終わるとは!
 あなた、なかなか厄介ですねぇ。
 お次の遊びはどうしたものか・・・・・・まいったぞ・・・・・・。
 ・・・・・・おやァ? ランタンがひとつ余っていますね。
 想定外ですが、ちょうどいい。
 これを灯り不足の場所に置いて、点灯してきてください。
 さっきやった? 雑用じゃないか?
 ま、またまたァ~、もちろん豪華な景品つきですとも。
 秘蔵の仮装衣装を出すと言ったら・・・・・・興味あるでしょう?
 それなら、まずは「怪しい旅芸人」から火をもらうのです。
 いや~、今年の守護天節は実に愉快!
 魔物を倒しに行く暇もありませんね・・・・・・ケケッ!」
仮装して怪しい旅芸人と話す
(条件未達成)
怪しい旅芸人
「まだ守護天節は終わってないヨ。
 さあ「ウェイリングスピリット」を着ておくれ!
 どんな話もそれからサ。」
怪しい旅芸人
「アレッ、まだ余ってるランタンがあったのかい?
 ぜーんぶ設置したはずなんだケド・・・・・・。
 まあイイや、この「ボムの親指」で点灯させてきておくれ。
 もーっと衣装をズルズルさせて、
 ゆっくりゆっくり・・・・・・いってらっしゃい!」
仮装して指定地点に守護天節のランタンを設置
(条件未達成)
????
「クス・・・・・・クスクス・・・・・・その格好では退屈よ・・・・・・。
 亡者の仮装をしてくださらない?」
仮装して守護天節のランタンにボムの親指を使い点灯
????
「クス・・・・・・クスクス・・・・・・暖かい火をありがとう・・・・・・。
 貴女たち、面白いことしてるのね・・・・・・。」
カボチャからの声?
「ねえ、貴女・・・・・・?
 わたしによく似た、おかしな子たち・・・・・・
 どこから来たのか知っている?
 わからなければ聞くといいわ・・・・・・
 この町を守るヒトたちに。
 クス・・・・・・クスクス・・・・・・楽しい夜ね・・・・・・・・・・・・。」
黒渦団:軍令部のオ・アデネク大甲士と話す
オ・アデネク大甲士
「「町を守るヒト」を探している?
 それなら、私たち黒渦団が役に立てるはずだけど・・・・・・。
 コンチネンタル・サーカスについて調べてるんだね。
 うーん・・・・・・協力してあげたいけど、
 今回の催しって、黒渦団とは無関係なんだ。
 一座を認可したのは、イエロージャケットだよ。
 「スンディルンド」から報告を受けたから、
 怪しい団体ではないはずさ。」
オ・アデネク大甲士
「そういえば、アフトカースルにいる旅芸人の一座が
 カボチャお化けの衣装を販売してるみたいよ。
 うーん、仮装に余念がないねぇ・・・・・・。」
コーラルタワーのスンディルンドと話す
スンディルンド
「イエロージャケットが、旅芸人の一座を認可した?
 いや・・・・・・そんな話は聞いていないし、
 黒渦団に伝えたこともない。
 むしろ、夜中に騒がれて迷惑をしてるくらいだ。
 冒険者ギルドが招致したと「バデロン」から聞いたんで、
 今のところは口出しを控えているが・・・・・・。」
スンディルンド
「守護天節の催しで活気付くのはいいが、
 亡者の衣装は顔が隠れるからな・・・・・・。
 警備する身としては、いつも以上に気が抜けないよ。」
溺れた海豚亭のバデロンと話す
バデロン
「いやいや、スンディルンドとはしばらく話してないぞ。
 それに、守護天節の催しは黒渦団が仕切るんだって、
 オ・アデネク大甲士に自慢されたぜ?
 ・・・・・・どうにも妙だな、話が合わない。
 まるで、俺たちの偽者がいたみたいじゃないか。
 一座が何か隠しているのか・・・・・・?
 おまえさん、あの団員たちに違和感を覚えたりは?
 団長とやらを問い詰められれば早いんだが・・・・・・。
 そうだ、この「いたずらスパークラー」を使ってみるといい。
 ものすごい音がするから、驚いて尻尾を出すかもしれん。
 祭りに馬鹿はつきものだが、締めるとこは締めなきゃな。」
仮装してダンチョーにいたずらスパークラーを使い驚かす
(条件未達成)
ダンチョー
「おやおや、「ウェイリングスピリット」はどうされました?
 催しを心から楽しんでいただくためにも、
 仮装をお願いいたしますよ。」
(いたずらスパークラーを使う)
ダンチョー
「フギャッ、ナニゴト!?
 ウボァ~、どうしてワタシにイタズラを!?
 思わずスキンチェンジを解いちゃったじゃないですかァ!
 ウウゥ・・・・・・こうなっては誤魔化せません。
 いかにもワタシらは本物の魔物。
 仮装した一座だなんて、真っ赤な嘘でございます。
 あわわわ・・・・・・睨まないでくださいヨォ!
 ここで暴れるつもりなんて、これっぽっちもないんだから。
 いやネ、聖人の加護なんて馬鹿げてますが、
 守護天節の夜はヒトが閉じこもるもンだから、
 暴れ放題だったんですヨ。
 なのに最近の冒険者ときたら、そんな風習おかまいなし。
 ワタシらがちょっと騒ぐと喜々として狩りにくるんだから、
 たまったもんじゃありませんヨォ!
 迎え撃とうにも青息吐息、たばになっても敵わない!
 だから町にもぐりこみ、祭りにかこつけて、
 アンタたちを足止めしてたってワケです。
 ・・・・・・けれどカワイイ抵抗もここまで。
 正体がバレたからには、血祭りにあげられるんでしょう?
 お菓子を配ってただけなのに・・・・・・ヨヨヨ!
 冒険者サマ、後生です!
 今だけイイコにしてますから、見逃してくださいヨォ!
 ・・・・・・アリャ、イイの? 本当に?
 さッすが優しい冒険者サマ!
 魔物のお菓子もそこそこ甘いが、
 アンタの慈悲にゃ敵いませんトモ!
 ヨシヨシ・・・・・・故郷で震える仲間のためにも、
 次はバレないようにしないト。
 まったく、どいつがボロを出したやら・・・・・・。
 エッ、ランタンの魔物?
 伝説のカボチャお化けじゃあるまいし、
 そんな仲間はいませんヨ。
 ・・・・・・さっき話した?
 そんな、アレが本当にいるはずは・・・・・・!
 でも、もしかして・・・・・・いやまさか。
 ま、まあ、今宵は闇が濃くなる守護天節です!
 不思議のひとつもありましょう。
 勇猛果敢な冒険者でも、暗がりにはご用心を!
 ・・・・・・・・・・・・ケケッ!」
????
「クス・・・・・・クスクス・・・・・・おかしな子たち!
 お互いに、楽しい夜を満喫しましょうね・・・・・・クスクス・・・・・・。」
  守護天節のランタン:伝説のカボチャのお化けを模した、カボチャのランタン
  ボムの親指:ガス生物ボムの親指
  いたずらスパークラー:火花が飛び散る手持ち式の花火