あの日の空に見たものは

あの日の空に見たものは

  • 依頼主 :オルシュファン(クルザス中央高地 X26-Y17)
  • 受注条件:レベル38~
  • 概要  :キャンプ・ドラゴンヘッドのオルシュファンは、冒険者に飛空艇の情報を与えたいようだ。

オルシュファン
「念願の、飛空艇の情報だ!
 目撃者はもう外に着いているはず・・・・・・
 さっそく、話を聞いてくるといい。」
困惑した男と話す
困惑した男
「フランセル卿の嫌疑が取り下げられたとかで、
 急に小脇に抱えられ・・・・・・すごい速さで・・・・・・うう・・・・・・。
 あなたに話をすればいいんですね・・・・・・?
 あれは、私がアドネール占星台で星を見ていたころの話。
 忘れもしない第七霊災の数日前、北西に向けて飛んでいく
 蒼き翼の飛空艇をみかけたのです。
 空の変異を細かに記すのが、私の仕事・・・・・・
 そのときの記録を持ってきてくだされば、
 飛空艇のおおよその着地位置も、算出できましょう。
 記録は、アドネール占星台の
 最上階にある書棚へ収められています。
 赤い背表紙の書物ですよ!」
困惑した男
「記録はアドネール占星台の、最上階にしまってあります。
 ・・・・・・最初に占星台へ行ったのに?
 ははっ、自力で探したら、見つけるまで数ヶ月は必要ですよ。」
困惑した男に観測記録「1572年第6巻」を渡す
困惑した男
「あの日の記録はみつかりましたか?
 なにせ記録の多い場所ですから、
 埋もれているかもしれませんね・・・・・・。」
(観測記録「1572年第6巻」を渡す)
困惑した男
「そう、これです! なんて懐かしい・・・・・・!
 飽きるほど空を見ていた日々が思い出されます。
 ではさっそく、当時の記録から測ると・・・・・・ムムッ!
 どうやら飛空艇の着地地点は、
 北西の「ストーンヴィジル」あたりのようですね。
 厄介な場所に降りたものです・・・・・・。
 ストーンヴィジルもまた、
 ドラゴン族に攻め落とされた砦ですから。
 どうすべきかは、私より騎士様に聞いてみるべきでは?」
オルシュファンに相談する
オルシュファン
「そうか、ついに飛空艇の場所がわかったのか!
 うむ、お前の苦労も報われたな!
 だが、ストーンヴィジルとは・・・・・・
 あの砦の奪還にあたっているのは、デュランデル家だ。
 どうせなら、我らの管轄に着地すればよかったものを。
 もちろん、私が紹介状を書いてやろう。
 だが、どうも私は彼らから嫌われているからな・・・・・・
 アートボルグ砦群で「フランセル」にも一筆頼むといい。
 ・・・・・・ところで、どうだ。
 発つ前に、せめて今夜はゆっくりと・・・・・・
 ・・・・・・む、ダメか。忙しいのだな。
 その気になったら、いつでも歓迎するぞ。
 なんといっても、お前は最高にイイからなっ!」
フランセルと話す
フランセル
「Nikuq!
 異端審問のときはありがとう。
 キミには、何度でもお礼を言わなければならないな。
 飛空艇はストーンヴィジルに着陸したのか・・・・・・。
 あの砦も、もとはアインハルト家が預かっていたのだが、
 霊災後の混乱に乗じたドラゴン族に、奪われてしまったんだ。
 デュランデル家には、奪還を任せている立場だからね。
 力になれないかもしれないが、紹介状は書かせてもらうよ。
 これを「ホワイトブリム前哨地」の衛士に届けるといい。
 僕たちを陥れた犯人も、まだ見つかっていないし・・・・・・
 十分に気をつけて調査を進めてくれ。
 キミの行く道に、戦神ハルオーネ様の祝福を・・・・・・。」
ブルナディエに紹介状を渡す
シド
「まだ記憶は戻らないが、お前たちのことは信頼している。
 俺にも何か、できることがあればいいが・・・・・・。」
アルフィノ
「早々に「エンタープライズ」を奪還するとしよう。
 蛮神「ガルーダ」が召喚されている以上、
 一刻の猶予もないのだから。」
ブルナディエ
「ウムム? なんだ、貴様は。
 ここ「ホワイトブリム前哨地」は、
 貴様のような冒険者が来るところではないぞ!」
(オルシュファンの封書とフランセルの封書を渡す)
ブルナディエ
「・・・・・・紹介状だと?
 面倒なものを持ってきてくれたな。
 仕方があるまい・・・・・・取り次ぐくらいはしてやろう。」
  観測記録「1572年第6巻」:第六星暦1572年末期の観測結果が記録された書物
  オルシュファンの封書:デュランデル家に宛てた、とてもイイ紹介状
  フランセルの封書:フランセルが記したデュランデル家への紹介状