雑用係の決意

雑用係の決意

  • 依頼主 :ミア・モルコット(黒衣森:北部森林 X22-Y24)
  • 受注条件:レベル37~

ミア・モルコット
「クルザス、そして黒衣森・・・・・・
 イクサル族の動きが活発にニャってきている理由か。
 ・・・・・・もしや、蛮神「ガルーダ」のためかもしれん。
 奴らが森の樹木から、クリスタルを取りだし、
 蛮神に捧げているのニャとしたら・・・・・・。
 冒険者よ、この「ベルモント宛の書簡」を、
 クルザスの「ベルモント」に届けてくれニャいか。
 そして、彼に伝えてくれ。
 「白羊師団」の大軍師だったお前の力を見せてみろ!
 今後も連絡を密にし、共にイクサル族と戦うニャ、と!」
キャンプ・ドラゴンヘッドのベルモントにベルモント宛の書簡を渡す
ベルモント
「おお、帰ってきたか。
 どうだった、神勇隊「白羊師団」は動いてくれそうか?」
(ベルモンド宛の書簡を渡す)
ベルモント
「・・・・・・これはモルコット師団長からの・・・・・・。
 思ったとおり、ヤツらは黒衣森で木々を伐採してやがったか。
 しかも、蛮神「ガルーダ」に捧げるために・・・・・・。
 ・・・・・・なんだって、師団長がそんな伝言を?
 そうか、そろそろ雑用係は卒業しなきゃいけないな。
 わかった、俺はここでなんとか食い下がろう。
 たとえ、イシュガルドのお偉いさんが見向きもしなくても、
 ここには心強い仲間が、黒衣森には「白羊師団」がいる。
 俺たちだけでイクサル族を食い止めてみせるさ!」
  (ベルモンド宛の書簡:黒衣森のイクサル族の動向ニャどを記した書簡)