溺れた海豚亭の裏メニュー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

溺れた海豚亭の裏メニュー

  • 依頼主 :ス・ホジュビ(リムサ・ロミンサ:上甲板層 X11-Y11)
  • 受注条件:レベル4~

ス・ホジュビ
「ウチの店主、バデロンは
 自分のことそっちのけで、人の世話焼いちまう口でね。
 日頃の礼として、彼の好物を用意してやりたいんだ。
 なんでも、傭兵時代に食材がなくて、やむなく食った
 「浮クラゲの刺身」の味が忘れられないんだとか・・・・・・。
 酔うと、必ずその話をするんだよね。
 なもんで、材料になる「浮クラゲの切り身」を
 4つ集めて、バデロンに届けてやってくれないか?
 オーレリアを倒せば手に入るよ。
 「オーレリア」の生息場所は、
 アフトカースルにいる「クリンドレール」が詳しいらしい。」
クリンドレールと話す
クリンドレール
「浮クラゲの切り身がバデロンさんの好物だって?
 まさか、あんな噛み切れない代物を食っちまうのか?
 いやはや、味覚は人それぞれだが・・・・・・。
 おっと、オーレリアの生息地だよな。
 それなら、この先のテンペスト陸門から出て、
 すぐのところに群れているだろう。」
冒険者ギルドのバデロンに浮クラゲの切り身を渡す
バデロン
「「浮クラゲの切り身」を4つほど用立てたと、
 給仕のス・ホジュビが、嬉しそうに言ってきたんだが・・・・・・」
(浮クラゲの切り身を渡す)
バデロン
「おお、おまえさんが持ってきてくれたのか!
 おまえさんとス・ホジュビ、ふたりの好意は
 ありがたく受け取っておくぜ!
 浮クラゲの刺身ねぇ・・・・・・
 あれは確かに忘れられねえ味だったぜ。
 ただし、好物とは逆の意味でな。はっはっはっ。
 生じゃ噛みきれたもんじゃねぇが、
 食塩とアルメンで漬け込みゃ、食えんことはねぇぞ。
 勇気があれば、試してみるこったな。」