我らは白羊師団

我らは白羊師団

  • 依頼主 :ベルモント(クルザス中央高地 X26-Y16)
  • 受注条件:レベル37~

ベルモント
「クルザスで暗躍しているイクサル族の奴らは、
 どうも黒衣森の木々を伐採して、
 資材をこっちに搬送しているようだ。
 奴らは「気球」で物資を空輸することができるからな。
 うかうかしてると、クルザスに築かれている
 イクサルどもの入植地が、さらに拡大しちまう。
 なあ、あんた。俺の同僚だった「イゾドレール」という男に、
 この書簡を渡して、イクサル族の動向を報告してくれないか。
 奴の部隊は、今「フォールゴウド」に駐屯中のはずだ。
 イシュガルドのためってわけじゃねぇが、
 イクサル族の思いどおりってのも業腹なんでな。
 ここはひとつ、貸しを作っておくとするさ。」
フォールゴウドのイゾドレールにイゾドレール宛の書簡を渡す
イゾドレール
「あ~痛たたたた。
 「白羊師団の切り込み隊長」と呼ばれたこの俺が、
 怪我をしちまうとは不覚だぜ。」
(イゾドレール宛の書簡を渡す)
イゾドレール
「オレ宛に書簡・・・・・・?
 誰かと思えば、ベルモントからじゃねぇか。
 「白羊師団」の元軍師殿が、何が楽しくて雑用やってんだか。
 ・・・・・・なるほどねぇ、クルザスにイクサル族か。
 オレたち神勇隊「白羊師団」にとってヤツらは宿敵だ。
 俺たちに出来ることがあれば、力を貸すぜ!」