サマーフォード庄へ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サマーフォード庄へ

  • 依頼主 :バデロン(リムサ・ロミンサ:上甲板層 X11-Y11)
  • 受注条件:レベル4~
  • 概要  :溺れた海豚亭のバテロンは、サマーフォード庄の知人に冒険者を紹介したいようだ。

バデロン
「よう、Niuniu。
 「サマーフォード庄」って知ってるか?
 霊災後に拓かれた入植地のひとつでな。
 海賊業から足を洗った連中を、たくさん雇って、
 果樹園を営んでる場所なんだ。
 ここを仕切ってるシュテールヴィルンってのが、
 俺の古馴染みなんだが、人手を欲しがっててな。
 おまえさんを紹介したいんだ。
 「ゼファー陸門」から都市を出て、
 北東に向かって道なりに進めば、すぐ見つかるぜ。
 急いで行ってやってくれ。」
サマーフォード庄のシュテールヴィルンと話す
シュテールヴィルン
「お前は・・・・・・
 バデロンが差し向けてくれた新米冒険者か。
 確か、Nikuq Niuniuと言ったか。
 よく来てくれた、わしはシュテールヴィルン。
 ここサマーフォード庄をまとめておる。
 ここで働く者の多くが元海賊でな。
 それも、わしの海賊船の乗組員だった連中だ。
 ・・・・・・だが、5年前の霊災で船を失い、
 わし自身も深手を負っちまった。
 そこで手下たちを食わせていくために、
 メルウィブ提督が掲げていた
 入植政策に乗ることにしたわけだが・・・・・・
 どいつもこいつも海が忘れられねえようでな。
 いまいち野良仕事に身が入らんのが現状だ。
 今の赤帽野郎も、そのひとりさ。
 おかげで、指導のために招かれた
 お雇い園芸師たちも、頭を抱えてる有様だ。
 すまんが、困っている連中を助けてやってくれ。」